冬至:陰が極まるとき。

冬至。1年の中で一番夜が長く、昼が短い日。陰の気が極まるときとされています。
今日を境にまた陽の気が少しづつ増えていきます。
陽の気が増えると言っても寒さはここからが本番、一年のうちで一番体調を崩しやすい時期に入りますね。
年末年始を楽しく健やかに迎えるためにも、どうぞお身体をお大事にされてくださいませ。
さて今日はそんな 大雪からの養生デザイン的オススメのポイントを3つご紹介します。

1.オススメの食べ物:
  ・年越そば→おろしそば
  ・おせち料理→黒豆、数の子、栗金団

2.大掃除エクササイズ

3.カイロ常備


1.オススメの食べ物:
  ・年越そば→おろしそば
  ・おせち料理→黒豆、数の子、栗金団

冬至には「ん」のつく食べ物を食べると良いとされていますが、養生デザインからのオススメもやっぱり”カボチャと小豆のいとこ煮”。
カボチャは体を温め、元気を補給してくれますし、小豆は代謝をよくしてくれるので、脚やお顔がむくむ方にもオススメです。

そして来たる年末年始。美味しいものがたくさんで楽しみな時期ですね。
その中でもぜひ取り入れて頂きたいのはおろし蕎麦、黒豆、数の子、栗金団。
大根は消化を促進してくれ、喉の調子を整え、ストレス解消効果もある優れもの。お蕎麦も胃腸に優しい食材。お蕎麦と大根の組み合わせで年末のお疲れを癒してくださいね。(身体を冷やす食材ですので、なるべく温かく+ネギをたっぷりがベストです)

もう一つ楽しみなおせち料理は日本人の叡智の詰まったお料理。
中でも黒豆は立冬の時もお伝えしましたが、http://bit.ly/2EHctW9
滋養強壮や老化防止にも一役買ってくれます。栗もまた疲労回復にオススメ。
元気に新しい一年を過ごすためにも是非取り入れてくださいませ。
数の子はニシンの卵ですが、このニシンは血を補って身体を温めてくれますよ。

2.大掃除エクササイズ

年越し前の大仕事でもある大掃除。
実は… 子どもの頃からあまり好きではありませんでした。
どうせまた汚れるんやから、今したって…という気持ちでした。ま、めんどくさ言い訳ですが(笑)
我が家も今月の週末は大掃除月間。休日の時間を使うので、大掃除の捉え方を少し変えてみようと、エクササイズ視点を持ってみました。
大掃除と言えば!で浮かぶ代表がガラス拭き。
ガラス拭きは腕を肩より上に挙げてバイバイの動きだったり、手を上下に動かすことの連続で、なかなかのハードワーク。
このハードさを少し軽減させる&身体をほぐすには…

手より先に上半身を使うこと。

左右への動きであれば、身体を揺すった後に手が少し遅れて動くイメージです。
そうすると、両側のわき腹や腰周囲の筋肉を動きながらほぐすことになります。
上下への動きの時は、肩甲骨を特に上側へ引き上げるようなイメージ。
首から肩周囲の動きが大きく動きます。
ここで注意点!
背伸びしきったままで行わないこと。
バランスも崩しやすいですし、筋肉が動く余裕がない状態が多いので、ケガにもつながりやすくなります。

せっかくの大掃除。
ケガなく、家もピカピカ、身体も整え、気持ち良く年越しの準備をしましょう!


3.カイロ常備

外出の機会も増える期間となります。お昼の間は温かくても朝晩は冷え込みが辛くなることもありますね。
外出中にぞくっと来たら、貼る場所のポイントは3つ。

・首の後ろ:寒気が体に入り込むのをブロック
・腰や仙骨の後ろ:冬の養生に関わる腎の近くを温める
・胃のあたり:お腹を温めて胃腸の働きを助ける

私もこの時期は鞄の中にカイロを二つくらい常備して、”いざ”という時に備えています。
低温やけどにだけは気をつけて、活用してみてくださいね。
冷えすぎないことに気をつけてみると、帰宅後の疲労感も違ってきます。

以上、この時期は3つのポイントで元気に過ごして下さいませ。

前回も書きましたが、風邪を引くと長引きやすく、重くなりやすい季節にもなります。人混みに行く機会も増えますね。
養生も大切ですが、外から帰ったらウガイと手洗いはお忘れなく!
ウガイも冷たいお水ではなく、少しぬるめのお湯だと気持ち良いですよ。

そして、ここでご紹介した以外にも カラダの内側と外側からの養生は
こちらでも詳しくご提案します。
いよいよ本日開催!
当日もご参加お申し込み受付できます。
お時間あります方、どうぞお越しくださいませ。


ちょうど一年前の冬至の日にスタートした養生デザインも
おかげさまで1周年を迎えることが出来ました。
セミナーやイベントなどご参加くださった皆様、お世話になりました皆様
本当にありがとうございました。
まだまだこれからも精進して参りますので、2年目の養生デザインも
どうぞよろしくお願いします。

なびあす文化講座 開講しました。

12月20日(木)美浜町生涯学習センター なびあす の
なびあす文化講座としてお呼びいただきまして
初めてのシリーズ開催の”ほどほど養生” を開催しました。

今年度は毎月1回の4回シリーズ。
毎回テーマを決めて開催する予定です。

おかげさまで募集から1週間あまりで10名さま満席になり
なんと参加者様の年齢の幅も過去最高でございました。

時には真剣に、でも終始笑顔でご参加いただき
私自身もとても良い時間となりました。

初回の今日は私の自己紹介から始まり
参加者の皆様にもそれぞれ自己紹介いただきました。

普段の1回開催の講座では私たちだけが話しますが今回は4回同じメンバー。

それぞれの方に”養生デザインならでは”の自己紹介をしていただき
ご興味あることや、身体の気になるところ 
などから
この会を通して学びをシェアしていけたら良いなと思っています。

気血水の基本と、ご自身の体質チェック
本当は何が必要?何がたりてない?を 
知ってもらい気づいていただく
養生デザインの入口のお話。

今日は内側担当の私だけでの講座でしたが
また色々と来年も各地で養生デザイン二人で開催していきますので
外側のお話もどうぞお楽しみに。

この「なびあす文化講座」は
ここでお仲間を作られ
今後もまた自主活動に繋げられたら・・との
なびあす様からの思いもいただいています。

「健康づくり」というと固い表現になりますが
健やかに笑顔で過ごすには
どんなお薬よりも仲間や友達の力や笑うことが続ける秘訣かなぁと思っています。

養生デザインの大切にしたい”つながり”と”循環” 。
笑顔で交わりながら
少しでも感じていただけたら嬉しいです。

ご参加いただいた皆様、なびあすの担当者様
ありがとうございました。
また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

*お知らせ*
LINE@はじめました。
二十四節気に合わせた養生のポイントや、各イベントやセミナーのお知らせを
お送りしています。
ご参加のお申し込みや予約などもこちらで承れますので、ご登録よろしくお願いします。

友だち追加

大雪・・本格的に寒さを感じる頃となりました。

大雪。いよいよ本格的な冬の到来、そろそろ平地でも雪が降る頃と言われています。週末の天気予報には雪マークも・・北陸は冬タイヤに交換の時期でもありますね。
朝お布団から出るのが辛くなる季節、眠る時も身体をぽかぽかと保って
ぐっすり養生してくださいませ。

さて今日はそんな 大雪からの養生デザイン的オススメのポイントを4つご紹介します。

1.オススメの食べ物は:鍋物 (タラ、ネギ、キノコ)
2.足湯 
3.引き続きゆっくり休む
4.早寝遅起き

1.オススメの食べ物は:鍋物 (タラ、ネギ、キノコ)

小雪では牡蠣をオススメしましたが、今回のオススメはタラ。
タラは気血を補い疲れた身体を回復させてくれます。
また脂身も少ないので、年末に向けて おつきあいのお食事の機会が増えそうなこの時期に胃腸に優しいお魚でもあるのです。
そして、それにプラスしていただきたいのはネギ。
気血を巡らせて、身体を温めてくれるので
胃腸を労わり身体を温めつつ、ストレスで滞る巡りを助けてくれますよ。
また、キノコ類も冬の免疫力アップに欠かせない存在。鍋とも好相性です。
その中でも養生デザイン的オススメは、冬には黒いキノコ。
・・・黒いキノコって???
しいたけ、舞茸、黒きくらげ・・スーパーで並んでいる「しめじ、えのき、と比べると黒いな」と感じるキノコをふんだんにどうぞ。

2.足湯

寒さが日に日に増して来ます。そこで積極的に温めていただくことは
もちろんなのですが、それに足湯で温かさをプラス。
この時期お風呂でゆっくり温まる事もオススメですが、あまり長い間入っているとのぼせたり、また心臓に負担もかかったりする方もいらっしゃるかも知れません。汗をたくさんかくよりも、できるだけ体に熱を蓄えていただきたいので
少しテレビを見たり読書をしたり、またはぼーっとする時間に足湯。
どうぞ朝または夜にお試しください。
私もただいま、時間を見つけて足湯を心がけています。
特にこれから足先が冷える方にもオススメですよ。

3.引き続きゆっくり休む

こちらも前回も書きましたが、体を休めることは基本中の基本。
特にバタバタと時間に追われる年末が近づいてくると、気持ちもなんだかせわしなく感じてしまいますね。
なかなか「ゆっくり休む」ができない期間でもありますが、
足湯なども利用して5分でものんびり 気ぜわしさをリセット・ストップする時間をお過ごしくださいね。
前回のブログはこちらです→http://bit.ly/2Lscq0M

4.早寝遅起き

そして最後に。早寝早起き ならぬ早寝遅起き。を。
動物たちは冬眠に入るこの季節。
人間もできるだけ眠って免疫力も高めておきましょう。
お日様が上るまで本当は眠っていたいところではありますが、そこは生活に合わせて。できるだけゆっくり目で起きることをオススメします。
湯たんぽを足元に入れたり、太ももに挟んだり・・。
下半身があったかいと安心して眠れますので、こんな一工夫もぜひ取り入れてみてくださいね。

以上、この時期は以上4つのポイントで元気に過ごして下さいませ。


そうそう。そろそろ風邪を引くと長引きやすく、重くなやすい季節にもなります。養生も大切ですが、外から帰ったらウガイと手洗いはお忘れなく!
ウガイも冷たいお水ではなく、少しぬるめのお湯だと気持ち良いですよ。

そして、ここでご紹介した以外にも カラダの内側と外側からの養生は
こちらでも詳しくご提案します。
まだまだご参加お申し込み受付中です。




いよいよ冬本番を迎える時期。
今年の冬は少しでも暖かく過ごせますように・・。
ご連絡先を添えてお申込くださいませ。
皆様のご参加、心よりお待ちしております!


そろそろ身体も忘年会のご支度を・・小雪

小雪。山のてっぺんには雪がちらつく頃・・と言われる時期となりました。
まだこの辺りでは雪の気配は感じられませんが日に日に朝の冷え込みが増してきましたね。
そろそろ蓄える時期となります。どうぞ寒さを溜め込まず、身体に滋養を
蓄えるような養生でご自愛くださいませ。
今日はそんな 小雪からの養生デザイン的オススメのポイントを4つご紹介します。

1.オススメの食べ物は:牡蠣・りんご
2.晴れた日には日光浴を!
3.引き続き冷え対策:手首足首、そして腰は冷やすべからず。
4.たっぷり睡眠を

1.オススメの食べ物は:牡蠣・りんご

お鍋料理のおいしい季節、牡蠣も旬になってきましたね。
牡蠣には血を補って気持ちを安定させてくれる効果や疲労回復があり、ストレス解消にもオススメです。
年末が迫ってきて体も心も疲れの出る時、あったかい鍋に牡蠣も一緒に・・で乗り切って下さいませ。

りんごも美味しい季節となりました。
鮮やかな赤い色は視覚からも元気がもらえ、スーパーでも眺めるのが楽しい食材でもあります。
りんごは気を補って余分な熱を冷まし、身体を潤してくれるので口の乾燥などにオススメです。また胃腸を整えてくれる役割も。
この時期、エアコンや暖房器具からの乾燥も辛い季節となりますし、
唇の乾燥も気になるところ。
また、そろそろ忘年会のお誘いも来る時期になりました。前日翌日は少し食べるものを軽くして楽しく会に参加できますように。
ただしりんごは身体を冷やしてしまいます。冷えの気になる方は、焼きリンゴにシナモンを振って。。。など食べ方の一工夫で冷え対策もしっかりと。

2.晴れた日には日光浴を!

だんだんと陰の気が強まってくる季節。北陸ではさらにお日様の出る日が楽しみな季節にもなってきますね。
晴れた日や、曇りの日でもお日様の出ている時は積極的にお日様の光を浴びることをオススメします。
陽の気を取り入れると気持ちも前向きに明るくなりますし、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンも分泌され、ストレス解消や集中力UP効果も。
また日にあたることは私たちの骨を丈夫にしてくれるという大事な役割もありますので、お布団だけでなくご自身もぜひお日様に当たって下さいね。

3.引き続き冷え対策:手首足首、そして腰は冷やすべからず。

冬はただでさえ寒く、体が冷えやすく温まりにくい・・体が体温をあげようとエネルギーを使うため、それだけでも消耗しやすい季節です。
積極的に体を温めて、エネルギーの循環をUPしていきましょう!
・・・さて、どこを温めると効率が良いのか?
ポイントは6ケ所。首、手首、足首、の”首”のつく部分と腰 の6ケ所です。
体にくびれができる細い部分は血流が悪くなりやすく、そこから体の抹消へ血液が送られなくなり冷えを招きやすくなります。
この部分に、手袋、レッグウォーマー、マフラーを。そして腰にカイロもおすすめです。

4.たっぷり睡眠を

こちらも前回も書きましたが、体を休めることは基本中の基本。
身体を温めることにエネルギーを消耗してしまう冬は特に眠ることも大事にして下さいね。寝ている間に血もつくられていくので、血をつくるために眠ることを意識されても良いと思います。
首元と足元は特に温めて、なるべく質の良い眠りを・・

以上、この時期は以上4つのポイントで元気に過ごして下さいませ。


そして、ここでご紹介した以外にも カラダの内側と外側からの養生は
こちらでも詳しくご提案します!

いよいよ冬本番を迎える時期。
今年の冬は少しでも暖かく過ごせますように・・。
お申し込みは、昼の部または夜の部のご希望と、ご連絡先を添えてお申込くださいませ。
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
http://bit.ly/2EBqp40


●○養生デザインから出店のお知らせ○● marucopurene1周年祭イベント企画 

冬は腎の季節。腰も要になりますので、脂っこいものの食べ過ぎには十分お気をつけて・・

皆様引き続きご自愛くださいね。

さてmarucopureneが1周年を迎えることが出来るのも

いつもサロンに来てくださるお客様はもちろんのこと

こうしてブログを読んでくださったり

応援していただける皆様のおかげ・・

感謝の気持ちでいっぱいです。

いつもご支援ありがとうございます。

さてさて申し遅れましたが、私こと 青木優加はサロンスタッフではありましたが

このpureneの立ち上げと同時に自分の漢方上級スタイリストとしてのお仕事も

はじめておりました。

今は養生デザインでの活動をメインにさせて頂いています。

*改めまして養生デザインとは・・

体の内側と外側の両方からの養生のご提案をするユニット。

内側からは漢方薬膳の知識をベースに日々の食や過ごし方をメインに

外側からは理学療法士が運動や骨格、筋肉、脳の視点からの暮らしに必要な動きをメインに

ご提案しています。

詳しくはこちら→http://yojo-design.com/

photo by Shusuke Takahashi @Sphoto

今回はスタッフとしてサロンの中でのセッションは行いませんが

野外ブースにて養生デザインから

ご提案できるカウンセリングやセッションを行います。

養生デザインからのメニューはこちら↓

*簡単体質チェック からのプチお悩みアドバイス

*姿勢 または 歩き方 のチェックからのワンポイントアドバイス

*冷えのお悩み別冷えとり法のご提案

*ダイエット中の方のダイエットサポート相談

*ちょっとどのメニューに当たるか分からないけど、ひとまず不調の相談

●いずれも1メニュー 1,000-/15分

 (purene1周年祭記念価格:お時間延長することもできますし、各メニュー合わせてもご利用いただけます)

○ご希望のお時間ございましたらご予約優先受付しますので、お知らせくださいませ。

●開催時間:13:00〜16:00(最終受付) となります。

イメージ画像 -2018.10.28開催 alukuより 

もちろん店内にはスタッフも居ますし、このメニュー以外の

布ナプキンのご相談などもありましたら冷えや生理痛などのお悩みに合わせて

店内でもお話が伺えますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

また当日午前中の10時〜11時〜 は 限定 お二人様に養生カウンセリング(内側のみ)もご予約承ります。

(こちらは 3,000-/60分)

ピュアンでの 個別カウンセリングは、これが最後の機会になるかもしれません。

こちらは、事前ご予約頂いた方だけお受けできますので、ご希望の方は前日までにご希望のお時間をお知らせくださいね。

ご予約・お問い合わせ→090-2129-5204 青木 のケータイ または info@yojo-design.comまで。よろしくお願いします。

冬がはじまるよ♪ -立冬

立冬。いよいよ冬のはじまりです。
お日様が出ている時は暖かくても、陰ると急に寒さを 感じる季節となりました。
これから冬至までは、どんどん「陰の気」が強まっていきます。
なんとなく、しっとりと落ち着いた気持ちで過ごせますね。


今日はそんな 立冬からの養生デザイン的オススメのポイントを4つご紹介します。

1.食べ物は黒い食材:黒豆、黒きくらげ、黒ごまなど黒いもの
2.秋の名残。喉・咳のトラブルに潤い補給は続ける
3.冷え対策!手首足首、そして腰は冷やすべからず。
4.ゆっくり休む。よく眠る

1.食べ物は黒い食材:黒豆、黒きくらげ、黒ごまなど黒いもの


冬は「腎」の季節。
この時期とてもよく働いてくれるのですが、寒さに弱い腎。黒い食べ物で元気付けてあげましょう。  
五行では、冬の色は黒。 黒い色の食材は血を増やして、血流を良くしてくれるので 体を温める効果もあります。

2.秋の名残。喉・咳のトラブルに潤い補給を続ける

秋の深まりとともに、よく耳にするのは咳や喉のイガイガなどのトラブルや喉風邪。  
潤い不足で風邪を引かれたりしたカラダは粘膜が弱っていたりします。 
体力が回復せず、風邪がいつまでもスッキリしない状態が続くと、免疫力が落ちたまま冬を迎えることになってしまいます。
今一度、秋の養生を確認いただいて潤い補給と免疫力アップを少しでなさってくださいね。
秋の養生ポイントはこちらです。→http://yojo-design.com/category/24/

3.冷え対策!手首足首、そして腰は冷やすべからず

冬はただでさえ寒く、体が冷えやすく温まりにくい・・体が体温をあげようとエネルギーを使うため、それだけでも消耗しやすい季節です。
積極的に体を温めて、エネルギーの循環をUPしていきましょう!
・・・さて、どこを温めると効率が良いのか?
ポイントは6ケ所。首、手首、足首、の”首”のつく部分と腰 の6ケ所です。
体にくびれができる細い部分は血流が悪くなりやすく、そこから体の抹消へ血液が送られなくなり冷えを招きやすくなります。
この部分に、手袋、レッグウォーマー、マフラーを。そして腰にカイロもおすすめです。

4.ゆっくり休む。よく眠る 


さてさて冒頭にも書きましたが、いよいよ冬の始まり。
年末に近づくにつれて、忙しさから体を休めることをついつい後回しにしてしまいます。
そんな時こそ、しっかり休んで翌日に備えることもお忘れなく!
夜更かししがちな方も、この時期はその日のうちに眠れる日が増えると良いですね。

さてさて、この時期は以上4つのポイントで元気に過ごして下さいませ。

そして、ここでご紹介した以外にも カラダの内側と外側からの養生は
こちらでも詳しくご提案します!

いよいよ冬本番を迎える時期。
今年の冬は少しでも暖かく過ごせますように・・。
お申し込みは、昼の部または夜の部のご希望と、ご連絡先を添えてお申込くださいませ。
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
http://yojo-design.com/2018/11/02/%E5%86%B7%E3%81%88%E3%81%AB%E6%82%A9%E3%82%80%E5%AD%A3%E7%AF%80-%E9%A3%9F%E3%81%B9%E7%89%A9%E3%82%84%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%97%E6%96%B9%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%85%83%E6%B0%97%E3%81%AB/


冷えに悩む季節 食べ物や過ごし方を知って元気に過ごしませんか?-ほどほど養生 冬 @WiL開催します。

今日から11月。今朝は一段と冷え込みましたね。いよいよ冬に足を踏みいれて行く感じ・・  
朝起きたら喉が痛い、咳が出る、なんだか熱っぽい、こんな症状にお悩みではありませんか?  
私も去年までは、この時期喉からの発熱で2〜3日ダウンすることが年中行事のようになっていました。  
そしてこの時期から手のひび割れやあかぎれに悩んでいたことも。  
でも、今日ご紹介する方法を試してみながら季節の変わり目を意識するようになってからは  
風邪の回復も早く日々の体調が全然違い、少し冬という季節を楽しく過ごせるようになりました。

まずは、今日ご紹介するポイント3つを試してみてくださいませ。  
さらに季節ごとのポイントを実践して行くと一年後のこの季節を快適に過ごせるようになりますよ。       

1. 冷えは万病の元まずはここを温める!

古来から「冷えは万病の元」と言われます。その冷えが進んで実感するのが今から冬にかけてのこの季節。
この「冷え」を和らげるには、体を冷やさない工夫+体自体を温める工夫が必要となります。
冬はただでさえ寒く、体が冷えやすく温まりにくく、体が体温をあげようとエネルギーを使うためにそれだけで消耗しやすい季節となります。
なので、積極的に体を温めて、エネルギーの循環をUPしていきましょう。
さて、どこを温めると効率が良いのか・・・?
ポイントは6ケ所。首、手首、足首、の”首”のつく部分と腰です。
体にくびれができる細い部分は血流が悪くなりやすく、そこから体の抹消へ血液が送られなくなり冷えを招きやすくなります。
この部分に、手袋、レッグウォーマー、マフラーなどでなるべく冷やさない工夫を。そして腰にカイロもおすすめです。

2. 風邪をひいたかな?と思ったら

ぞくっと来たら、、急に自分だけ寒いと感じる、、は風邪の予兆でもあります。   
そんな時にオススメは首にカイロ。首の後ろには寒さを感じるセンサーがあり、漢方でいう「風邪(ふうじゃ)」。冷えがここから入ると言われています。
この時期、カバンに一つカイロを常備して、この「ぞくっ」に備えると風邪を防いだり、ひどくなる前に対処できたりします。  
ちなみによく使われる漢方薬の一つ「葛根湯」もこの「ぞくっ」の時期に効くもの。風邪が悪化してからでは、その役割がまた変わって来ますのでご注意くださいませ。

3. 冬の主婦の大問題。
あかぎれ、しもやけ、ひび割れ、そして火傷には…

この時期の大問題、冷えに加えて”手荒れ” にお悩みのかたも多いですよね。 
”紫雲膏(しうんこう)”をご存知ですか? 
漢方薬は 内服するものはそれぞれの方に処方が違うので、なかなかこうしておススメは出来ないのですが 荒れた手のヒビや、ヒリヒリするところにこれを塗ってガーゼでぐるぐる巻きに。 
あくまで私流ですが、あかぎれの溝に お薬を埋め込んで周りにガーゼ。
そのあと防水テープで巻いてOK。 
傷が柔らかくなりながら、痛みもやわらいできます。 
実は私、昔 親指をハサミでウッカリ切ってしまった事があり (息子の散髪の時に、髪の毛を挟んでいた自分の指まで切りました)、その傷だけは毎年冬になると パックリと割れてしまうのですが…
そんな時もこの紫雲膏を塗って、上記のように対応しています。


3つ目は番外編のようになりましたが、こんな風に冬を楽しく暖かく過ごすポイントは他にもたくさん。 
この冬を元気に過ごすポイントをご自身の体質を知りながら、
そして、自分には何が必要なのか?を確認してみませんか?
自分にとって効果的なあったかポイントをお伝えするのが「ほどほど養生 冬@WiL」です。  

内容は下記の通り。
理学療法士と漢方上級スタイリスト・養生薬膳アドバイザーが体の内側と外側から、心地よい冬の迎え方をご提案します。

冬を少しでも暖かく元気に過ごすために
「ほどほど養生 冬」開催します!

開催日時: 2018年11月30日(金)
                        昼の部:14:30~16:30
       夜の部:18:00~20:00
会  場:福井駅前 ハピリン2F WiL
参  加  費:2,000-(税込)養生茶+スイーツ付き
内  容:・冬の養生ポイント
     ・脳のカラクリ-怒りと腰痛について
     ・美ラインワーク-腰まわりの整え
主催・講座:養生デザイン
        山中雄大(理学療法士)
        青木優加(漢方上級スタイリスト・養生薬膳アドバイザー)
お申込先 :090-2129-5204 (青木)まで
      info@yojo-design.com

いよいよ冬本番を迎える時期。
今年の冬は少しでも暖かく過ごせますように・・。
お申し込みは、昼の部または夜の部のご希望と、ご連絡先を添えてお申込くださいませ。
皆様のご参加、心よりお待ちしております!

霜降。秋が深まり、霜が降り始める頃・・・

霜降。 おはようございます。養生デザインです。
今日から霜降。秋が深まり霜が降り始める頃となります。
朝晩急に冷え込んだり、寒く感じることが増えてきましたね。
みなさま風邪など引かれてないでしょうか?
引き続き肺の季節です。
空咳や喉の痛みから風邪を引かれる方が多いこの時期、喉の潤いケアなどでご自愛くださいませ。

さて、少し前の10月20日秋の土用に入りました。

先日開催しました ”ほどほど養生-秋の土用-“ でも お伝えしましたが
季節の変わり目で胃腸を大切にする時期でもあります。

この土用が明けると立冬。暦の上では冬を迎えます。
季節の変わり目に養生することで、また次の季節も元気に乗り切ることが出来ます。しっかり胃腸をいたわって、まだまだ考えたくないですが寒い冬に備えていきましょう。

そんなこの時期の養生デザイン的、オススメ養生ポイントはこちら。

土用なので、やっぱり胃腸の為にもよく噛んで食べることは必須です。
噛まずに飲み物で胃に流し込んで胃の負担を増やすことには気をつけてくださいね。

オススメはさつまいも、なのですが 
これもよく噛まないと水分を取られますし
喉がつかえたりもしますよね・・。

焼き芋、ふかし芋でじっくりほっくり甘さを引き出したお芋に
あったかいほうじ茶と一緒に。
ゆったりとリラックスして味わいながら秋も感じていただけたらと思います。

また、朝晩の寒暖差の出てくる時期にもなります。
毛布を枕元などに、特に首元や肩を温めてゆっくり眠る時間を大事にしてください。

急に寒くなると肩こりが辛くなる方もいらっしゃいます。
秋の夜長、お風呂でゆったりも良いですね。
こちらも肩を冷やさないよう気をつけながら、ゆったりと温まるのがオススメです。

そして この時期少し気をつけていただきたいことも一つ。
それは温めると言えばの代名詞の、ねぎ、生姜、そして唐辛子などですが
これらは発散する作用も持っていて、この時期に必要な潤いを飛ばしてしまうこともあるのです。
なので、特に便秘がちだったり 乾燥が気になるかたは
少し控えめになさってくださいませ。

先にも書きましたが、次はいよいよ立冬。
この時期も健やかに、そして次の季節も楽しみに過ごして行けますように。。

さて、養生デザインではイベントやワークショップが続きます。
まず今週末はいよいよ”aluku”  この日はosanposand,けひさんアートマルシェ、commons food market とたくさんのイベントで賑わいます。
ぜひ、このalukuにもご参加いただいて、駅から神楽まで楽しく歩いていただけたらと思っています。

そして、その翌日は”おすし養生” こちらは与三郎寿司さんとのコラボ企画です。
美味しいお寿司を食べていただきながら、
秋の養生とお寿司と養生の美味しい関係もお話していきます。
普段手軽に行かれる回転寿司でも、実践していただける内容となっていますので
どうぞお楽しみに。



どちらもまだまだ、ご参加お申し込み受付しています。
みなさまのご参加、心よりお待ちしています。

寒露 空気が澄み渡り月を眺めるのに良い季節です。

寒露。
おはようございます。養生デザインです。

今日から寒露。
朝、草の上に冷たい露の結ぶような頃・・と言われています。
今年の夏がとっても暑かった分、涼しくなるのも早く
涼しさを通り越してなんとなく寒さも感じる時期が早くきたような気がしています。
みなさま風邪など召されていないでしょうか?

さて、そんなこの時期からの養生デザイン的おすすめ養生ポイントはこの4つです。

まずおすすめの食べ物は栗。

栗は 疲れやすさ、足腰のだるさ、難聴、耳鳴りに働きかけてくれます。
夏バテの名残のある方、そろそろリセット完了したいところですね。
また、栗には滋養強壮や止血・収れん効果もあるので
鼻血や慢性の下痢、じっとしていても汗が漏れ出る方にもおすすめですよ。
もちろん食べ過ぎは良くないですが(一日6粒くらいまで)、しっかり良く噛んで食べてくださいね。

そして、この寒露の間の20日から秋の土用入り。
冬に向けての季節の変わり目の時期となります。
(この間暑い暑いと言っていたのに、もう冬!季節の移ろいの速さに驚いています。)
この土用の時期は毎回書いていますが、特に胃腸をいたわる時期。
栗だけでなく、なんでも良く噛んで食べるようにしてくださいませ。
食欲の秋、で美味しいものがたくさんですが 焦らずゆっくり一口ずつ味わう気持ちで。秋の味覚も美味しくじっくりとお楽しみくださいね。

そして最後に4つ目のポイント。
先にも書きましたが、明け方急に寒く感じることの多い時期です。
とはいえ夕方までは室内はまだ暑い時もあり、睡眠時も薄着になりがち。
私もそうなのですが、子どもたちと一緒に寝ているとまだまだ寝ながら汗もかいていて、冬用のお布団では少し暑すぎる感じもします。
なので傍に毛布など朝の冷え込みに少し温めるものをご用意されることをおすすめします。
今は冬に向けて十分な睡眠を取って欲しい季節。
それに秋の風邪は喉から入りやすくなります。
寝ている間に風邪を取り入れてしまって、朝起きて喉が痛い!という事にならないためにも
少しでも身体が休まる工夫をされてくださいね。

さてさて、養生デザインのワークショップやイベントも告知が続きます。
また10月、11月の内容をまとめてご案内しますので
どうぞご参加くださいませ。

そのいくつかのイベントの中から、今日はほどほど養生-秋の土用-をご紹介。
10月19日(金)に中道源蔵茶舗さんとのコラボ企画を開催します。
秋の振り返りと、この土用の過ごし方、冬に向けての準備のお話とボディワークを行います。
今回は、なんと!中道源蔵茶舗さまがお抹茶を立ててくださり、
よりほっこり過ごしていただける事間違いなしです。
残りのお席少なめになって参りましたので、お早めのお申し込みを。。
みなさまのご参加、心よりお待ちしています。

ほどほど養生@WiL 開催しました。

福井市で初開催!
ほどほど養生@WiL開催しました。
初めての嶺北開催とあり 告知から開催までドキドキしましたが、
今回会場を提供いただきましたWiLのスタッフさまの 手厚く心温かいサポートのおかげで 無事開催することが出来ました。

今回は当日の 福井新聞に養生デザインを取り上げていただけたことから新聞を見てご参加くださった方もたくさん。
初の試みだった 午後の部と夜の部の同日2回開催でしたが、どちらも大盛況で 
本当にありがたい1日となりました。

第1回目の福井開催でしたので 
内側からは 
養生デザイン的養生の入り口とも言える「気血水」を
ベースにした体質チェックで、
まずはご自身の体質に気づいていただき

そこから
・どんな症状が出やすいか
・どんな症状が出やすいか
・何を食べたら良い?
・オススメの過ごし方 

外側からは
・脳科学から習慣のこと
・姿勢と呼吸のワーク
をご提案しました。

   

呼吸と姿勢のワーク


そうそう。この「ほどほど養生」のお楽しみの一つに「養生スイーツ」があります。その会のテーマに合った養生食材を「普段から食べるおやつで取り入れるとこんな感じ」を体感いただく為のアイテムの一つ。

今回は、私(内側担当の青木)がただいま創業塾でご一緒させていただいているご縁から、野菜ソムリエの白崎さん特製”秋の養生食材をふんだんに取り入れたキッシュ”を。

養生茶は、

・黒豆茶+高麗人参と八角

・ジャスミン茶+菊花とクコの実 の
 ブレンド茶を お試しいただきました。

この養生茶は、中華食材コーナーやスーパーで手に入れられるもので手軽に、をテーマに毎回ブレンドを考えています。

養生茶とブレンドに使った食材など(一部)


ご参加いただいた皆様からは

・ここ最近の自分の不調の原因がわかった

・明日から新たに前向きに生活できそう

・季節を先取りした体調管理がとても参考になりました

・お茶がどれも薬っぽくなく、とっても美味しかった

・身近で気軽に取り入れられるお話で楽しかった


などなど
とっても嬉しいご感想や、体質やセミナーの内容についてのご質問・・などなど たくさんお寄せいただきまして、私たちも感激しております。

・・そんなあたたかい反響から次回開催も決定しました!
次回は11月30日(金)を予定しています。
今回は養生の入口のお話がメインでしたが、次回からは季節ごとの養生のお話や ワークを取り入れていきます。

また詳しくはこちら、またはLINE@など各SNSで告知していきますのでどうぞよろしくお願いします