清明:春の息吹に満ちはじめるころ

清明。清らかで明るい春の日を受けて花が咲き始め、日本中が春のいぶきに満ち始める頃です。
あぁ日本語って美しいなぁ・・と二十四節気の響きを聞くといつも思いますが、その中でも清明は好きな節気の一つです。

新元号も発表されましたね。
こちらの響きにも美しさや穏やかさ和やかさを感じつつキリッと新しい気持ちにもなる印象。
キリっとしつつ やわらかな美しい ことばだなぁと思いました。
古いものを大事に 大切に重んじながら 
それを新しいもの、新しい時代のもの に磨いていく。
養生デザインの軸でもある日本古来の伝統や 日本で培われた医学や養生法を 
新しい時代に 取り入れやすいように やわらかく。
ほどほど具合を追究、発信していこうという思いにも襟を正す気持ちでいます。

さて、そんな今日からの養生デザイン的養生ポイントはこちらです。
そろそろ春の土用入り。
年度始め、また平成の締めに忙しい毎日をお送りの方も少しでもゆっくりしてくださいね。



1.食べすぎた次の日は 少し食事を軽くする
2.呼吸を整えストレッチ
3.おすすめの食べ物は 菜の花 グレープフルーツ
4.手首・足首はまだ冷やさずに・・

1.食べすぎた次の日は 少し食事を軽くする

お祝い事や歓迎会、、などなどハレの席が多くなる時期です。
お祝い事は楽しく美味しく、お酒もグンとすすみますが・・・そろそろ土用入りも待っています。
ということは、またまた胃腸をさらに大事にする時期。
お祝いや飲み会など楽しいお席の前後の日々は、少ーしだけでも胃腸に優しい、消化の良いものや温かいもので
翌日に備えたり、身体を労っておくこともお忘れなく。
食べ過ぎたな、と思ったら、翌日は何を食べればいい?ではなく、むしろ食べないことに気をつけることで
内臓が休むことができ元気を回復できますよ。

2.呼吸を整えストレッチ

新しい年度がスタートして、環境や仕事が変わり心身ともに力が入る時期。気疲れや肩コリに出てきていませんか?
そんな時には(そうでない方は調えとして)呼吸を整えながらのストレッチが心身を緩めてくれます。
やり方は…

①鼻から吸う⇄吐く
②呼吸のリズムを整えながら手のひらを天に向けていく。まっすぐ引っ張られていくような意識。
 この時に大切なことは、呼吸をゆっくりと深くすること。息を止めてしまわないようにして下さいね。
むしろまずは呼吸に意識を向けるくらいが良いかと思います。

詳しくは、今月開催予定の「ほどほど養生」でもお伝えします。福井県外の方やもっと知りたい!と思われた方。お気軽にお問い合せ下さいませ。

3.おすすめの食べ物は 菜の花 グレープフルーツ

苦い食べ物は、こもった熱を冷ましてくれる役割を持っています。
その中でも今回のオススメは、菜の花とグレープフルーツ。
菜の花は目の充血や、めまいやのぼせ、イライラに良いです。また滞っているものを発散させる役割も持っているので
炎症を抑えたり、吹き出物や肌のトラブルを抑える働きも。
またその鮮やかな花の黄色からは見るだけでも元気をもらえますね。
また、グレープフルーツは二日酔いにもオススメです。
解毒機能があり、その爽やかな香りからイライラを発散させてくれたり
気を巡らせてくれることから、食べ過ぎや胃が重く感じるときなどにも
不快感を抑えてくれますよ。

4.手首・足首はまだ冷やさずに・・

4月の初めは本当に寒の戻りが厳しく寒かったですが、ようやく春の心地よさを感じられるようになりました。
ただし、まだまだ朝晩は冷え込みが強かったり風は冷たかったりします。
なのでまだまだカラダを冷やさない、そしてあたためる工夫をお忘れなく。
春は特に気温の差が 自律神経の乱れを招きなんとなくだるい症状が出やすくなります。
まだ急に薄着にはならずに、手首足首冷やさずにお過ごしくださいませ。
特にお花見の時。山の上や野外は、まだまだ夜は寒い時が多いです。 
桜の下でビールで乾杯!は格別ですが、翌日に冷えを残さない工夫を。  
お白湯でビールの冷えをリセットするのもオススメですよ。

ご家族の入学や入社、転勤、引っ越し、、、そしてお子さんの春休み。
なんでも引越しの業者さんが忙しくて、なかなか引っ越せない方もいらっしゃるとか。
ご自身のことでなくても心配事や緊張、準備にまつわるあれこれ、、でストレスや疲労から胃腸のトラブルを招きやすい時期でもあります。 春は肝の季節で、肝の養生を、、、とお伝えしていますが、清明の後半は土用にもかかります。 
土用は脾の季節。胃腸の養生も同時に始めてくださいね。


ほどほど養生、次回はそんな胃の養生のお話を!
しかも今回の敦賀開場は老舗の昆布屋さんとのコラボ企画。昆布にまつわるあれこれをお聞きできるので
私たちも今から楽しみです。
福井の会場でも昆布のお話や昆布をお持ちしますので、どうぞお楽しみに。

お申し込み、まだまだ受付中です。
皆様のご参加心よりお待ちしています。

春分:一年のはじまり

昨日は春分でしたね。
春分は昼と夜の長さがほぼ等しくなる日、自然をたたえて 生物を慈しむ日ともされています。

養生デザインが大切にしている”中庸” は陰と陽のバランスがとれた状態。
昼と夜、 寒さと暖かさがちょうどバランスが取れることからも
ゆらぎや中庸に少し意識を持てると良いタイミングです。



ちなみに私の愛用している地球暦(詳しくはこちら→http://heliostera.com/)は今日がはじまりです。
陰の気から陽の気が増していく切り替わりです。

ちょうど一年前から始めたこの二十四節気にちなんだブログも
おかげさまで一周り。
より、季節や暦の流れを楽しむことが出来る一年となりました。
また一年間 どうぞよろしくお願いします。

これが地球暦。今日は春分なので0度地点、時計で言うと3時のところです。
太陽を中心に、それぞれの惑星の今ある場所をこの暦から感じることが出来ます。
”人間は宇宙の一部、カラダの中に小宇宙がある”ことも意識しながら・・



”今、ここを知る” この地球暦に出会ってから
さらに”今”自分のあるこの瞬間にフォーカス出来るようになりました。

さてさて、前置きが長くなりました。
そんな地球の一年のはじまりの日からの養生デザイン的オススメポイントはこの4つです。


1. 朝日を浴びる
2. オススメの食べ物は、アスパラガスと春キャベツ
3. 肩のストレッチ
4. 首を冷やさない工夫を

1. 朝日を浴びる

「春の一番の養生は早起き」と言われるほど良いことではありますが、
”春眠暁を覚えず” という言葉もあり、お布団の中で過ごす時間も捨てがたい時期ですよね。
それでも朝日をしっかり浴びて体内時計もリセット。
お日様からの陽の気をたっぷりと取り込んで、1日を元気にスタートしましょう。
外気を取り込むのがさらにオススメですが、花粉症のかたは無理なさらずに…。
窓から差し込む光を浴びるだけでも良いですね。
身体も伸ばしながら深呼吸もしつつ、朝の一番の習慣にぜひ取り入れて見てください。


2. オススメの食べ物は、アスパラガスと春キャベツ

アスパラガスは胃腸の働きを整え、元気を補ってくれます。
また、体の余分な熱を取り、口の乾きや咳を和らげる効果も。
疲労回復にも良いので年度末で忙しい方にはぜひ取り入れて頂きたい食材です。
また、春キャベツも美味しい時期となりました。
こちらも胃腸の機能をアップしてくれるので、体も胃腸もお疲れの方はどうぞよく噛んで
キャベツの自然な甘さをお楽しみくださいね。
この時期口内炎もよく見られる症状です。口内炎ができたら胃腸のお疲れのサイン。
刺激的な食べ物は控えめに、よく噛んで食べて口内炎だけでなく体全体を大事にしてくださいね。

3. 肩のストレッチ

年度末や新年度に向けての書類やデスクワークも立て込んでくるこの時期。
肩もこりやすくなっていませんか?
肩のストレッチと聞くと、腕を回したり肩を動かしたりと思いがち。
もちろん、それも効果的ですが、うなじの上の方にある頭と首のつなぎ目を意識して動かすことで、首〜肩の筋肉がほぐれやすくなります。
春の時期=眼の養生も大切にしたいことを加えると、特にオススメです。
肩の上に乗っているのは、首と頭。
土台になる肩や肩甲骨周りもですが、頭を支え動かす部分にも気を持っていくと随分と軽くなりますよ。

うなじを下から上へたどっていくと、ポコっと骨が出ている部分があるかと思います。
そのちょうど下あたりです。

4. 首を冷やさない工夫を

日中はお日様が出ていて暖かそうな空気、かと思いきや意外と風が冷たいのもこの時期の特徴の一つ。
前日からの気温差が5℃以上ある日もよくあります。
特に今年は寒の戻りが平年より厳しく感じますね。
春は風の影響を受けてゆらぎやすい季節であるとともに、寒暖差からも体調を崩しやすくなります。
冷やっとした冷気を身体に取り込まないためにも、スカーフやストールなど思いがけず寒く感じる時に
首元だけでも温められる準備をしておくと良いですよ。

以上、今回も4つのポイントを意識して過ごしてみてくださいね。

そして、この春の養生をさらに深めるべく
「ほどほど養生+fu」を開催します!


ご参加まだまだ募集中ですので、ぜひお申し込みくださいませ。
昨夜は敦賀で開催しました。
新しい試みも取り入れ、「ほどほど養生」もパワーアップ中です。

嶺北では、福井駅前ハピリン2FにあるWiLにて(いつもお世話になっている心地良い場所)
嶺南では、敦賀駅構内オルパーク2Fにて(これまたいつもお世話になっているホッとする場所)
詳細は⬇︎をご覧ください。

敦賀会場はこちら
福井会場はこちら。ごめんなさい昼の部、夜の部ではなく午前、午後の開催となります。

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!

啓蟄: そろそろカラダも冬眠から目覚めましょう!

啓蟄。暖かくなり、冬眠していた虫が土の中から出てくるといわれている時期となりました。
日差しも少しづつ暖かく優しくなり草木も芽吹き始めます。山菜もそろそろ出始めていますね。
乾燥して春ならではの症状もピークになるこの時期、今回のオススメ養生ポイントはこの4つです。

1.ゆっくり息を吐く
2.オススメの食べ物は、ニンニク・生姜
3.眼を休める
4.ミントの香りでリラックス、お茶にプラスしても。

1.ゆっくり息を吐く

年度末の行事が増えたり、仕事でも気忙しくなる時期ですね。
そんな時、呼吸は今すぐに出来る心と身体の調えです。
ポイントは、ゆっくり息を吐くこと。
息を吐くと副交感神経=リラックスする神経の働きが高まります。
何かと気持ちが揺さぶられるこの時期は、呼吸に意識を向けると自然と調いやすくなりますよ。
その時には、姿勢も大切になってきます。
セミナーとして開催している「ほどほど養生」やカウンセリングでもお伝えしています。
気忙しくなると、身体にも影響が出てきやすくなりますので、なおさらご自分の身体の使い方にもぜひ気を向けてあげてくださいね。

2.オススメの食べ物は、ニンニク・生姜

この時期のオススメの食べ物は、ニンニクと生姜。
人とのお付き合いがあるときは敬遠されがちなニンニクですが
気や血の巡りをよくし、カラダを温めてくれます。また、胃腸も温めて消化を助けてくれもするので
体力回復や元気の元になりますよ。またこのあとオススメのミント同様、鎮静作用やストレス発散効果も。
体力的にも精神的にも疲れている時にピッタリの食材なのです。
また、生姜もカラダを温める働きが強く、発汗を促し、解毒作用がある便利食材。
(ただし刺激も強いので食べ過ぎ注意です。)
黄砂も気になり始め、花粉症の方には辛い季節ですね。
ツーっと自分でも意図しないままに、流れ落ちるような鼻水が出る方は
冷えが原因の一つでもあります。
この二つの食材を上手に取り入れて、3月もお元気にお過ごしくださいね。

・・この二つのことを思うと、思い出されるのは”餃子” ・・・なのは私だけでしょうか?
ちなみに私は餃子にニラと春菊を刻んで入れるのが好きです。
焼いたものも美味しいですが、スープや鍋に入れてもあっさりと満足感が出ます。
ぜひご家庭でも楽しんでみてくださいね。


3.眼を休める

そして、今回も引き続き眼のケアを。

痒かったり、しょぼしょぼしたり、かすんだり、曇ったり。
目が調子悪いと、どうも日常の暮らしに調子が出ないのは私だけではないはず・・
コンタクトをご利用の方は、いつもより少し早めに外す、寝る前のスマホの時間を5分だけでも短くする
気がついたら、少し遠くの自然を見たり、目をくるくると動かしてストレッチしてみたり
目を軽く閉じるだけでも良いです。
疲れたら休める、は体全体も目も同じ。
情報をたくさん取り込んで、頑張っている目をこの時期はいつもよりもいたわってあげてくださいね。

4.ミントの香りでリラックス、お茶にプラスしても

ミントはイライラや火照りを鎮めて穏やかにしてくれるクールダウン効果を持っています。
なので、首や肩が熱く感じる時、喉がイガイガしたり炎症を感じる時にもオススメ。
もちろんこのスーッとした香りをかぐだけでも、気持ちが少しほっこりしゃっきりします。
春にオススメの取り入れ方は、あったかい緑茶にこのミントを少しいれること。
緑茶の鎮静効果と合わせて、脳もスッキリしますし忙しい時の気分転換にピッタリです。
飲み口も爽やかなので、脂っこいものを食べたあとや、なんだか口の中も熱っぽい感じに感じる時などにも
オススメです。

以上、今回も4つのポイントを意識して過ごしてみてくださいね。

そして、この春の養生をさらに深めるべく
「ほどほど養生+fu」を開催します!
ご参加まだまだ募集中ですので、ぜひお申し込みくださいませ。

嶺北では、福井駅前ハピリン2FにあるWiLにて(いつもお世話になっている心地良い場所)
嶺南では、敦賀駅構内オルパーク2Fにて(これまたいつもお世話になっているホッとする場所)
詳細は⬇︎をご覧ください。

敦賀会場はこちら
福井会場はこちら。ごめんなさい昼の部、夜の部ではなく午前、午後の開催となります。

みなさんのご参加心よりお待ちしています!

月刊fuに掲載してくださいました! そしてNews:「ほどほど養生+fu」を開催します!

福井県に住んでいる方なら、1度は耳にしたことがあると思う雑誌『月刊fu』
その3月号の特集の1つが、春の養生だより。
今回、ご縁をいただけ、しっかりと記事にしてくださいました。

あんこの表紙もまたよろし。

原稿執筆

一緒に掲載いただく面々を聞いたらば、しっかりと結果を残してきている方々。
養生デザインの様な若輩者が…と、少し恐縮しました。

…が、編集部の方が取り上げようと思ってくださったお気持ちに応えるべく
初めての原稿に情熱を注ぎました。

読みやすくわかりやすく、でも専門的になり過ぎず、ほどほどな塩梅はどの辺りか?

普段は「ほどほど養生」などのセミナーで、時間の制限はあるもののよく話す2人(時間オーバー常習犯)。
伝えたいことをギュッと凝縮して、言葉を選んで表現することは、ホント削ぎ落とす作業でした。

どの言葉を残すと、流れや内側外側でつながるのか?
そんなことを考えながら、あーだこーだと話し合いました。

そんな荒削りな内容をfu編集部の杉森さんのお力で、何ともふんわりとやわらかい印象にしてくださり、
出版のプロの凄さを感じ、出来上がりに思わずニヤけているところです。

この”春の養生だより”の特集に一緒に掲載されている方々は
養生デザインも日頃お世話になっていて、お会いすると
養生のこと、漢方のことはもちろん、ふるさとのこと、生きていることの理や意味など
お話したり、心の通ったお付き合いをしてくださる 心強く暖かい方達です。
そんな先輩方と一緒に、この特集を組んで頂いたことも本当に感謝です。

今回はご縁をいただきまして
本当にありがとうございました‼︎

なお、この 月間fu は福井新聞をご購読以外の方でも、福井県内ならお近くの勝木書店、藤田書店(鯖江市)などでも
ご購入いただけます。(定価110円(税込))

また、養生デザインの方へお問い合わせいただきましたら、お送りすることも可能です。
どうぞお問い合わせくださいませ。

News!!

今回は春の養生だよりの名の通り、春の特徴と体質を元に、過ごし方や内側と外側からの養生のことに触れました。
「ほどほど養生」の流れを誌面上でするとこんな感じかなーもイメージしました。
そんな今回の内容を次回の「ほどほど養生」でさらに深くお伝えします。
題して、「ほどほど養生+fu」
実は…の話をすると、原稿を入稿してから知識もさらに深まり、内側と外側のリンク感もより深まっています。
何度かご参加いただいた方も、初めての方も、fuに載った内容ってどんなん?と言う方も。
ぜひご参加いただければと思います。
嶺北では、福井駅前ハピリン2FにあるWiLにて(いつもお世話になっている心地良い場所)
嶺南では、敦賀駅構内オルパーク2Fにて(これまたいつもお世話になっているホッとする場所)
詳細は⬇︎をご覧ください。

みなさんのご参加お待ちしています!

敦賀での開催はこちらです。
そして、こちらは福井市のご案内。
ご参加心よりお待ちしています。

ほどほど養生-春@WiL 開催しました!

先日、福井市のハピリンにあるWiLにて、ほどほど養生-春 を開催しました。
ご参加くださったみなさん、時間を作ってくださりありがとうございました!
ご縁をいただき、早や3回目。
そして、暦では春は1年の始まりの季節。
ほどほど養生も内容を深め中です。
そんな今回は…
構成を少し変えてみました。
今までは、内側=臓器や体質(担当:青木)の話→外側=脳のカラクリやボディワーク(担当:山中)でしたが、
今回は山中→青木の順。

Talk to Body -からだとの対話

春は肝の季節。
肝は眼ともつながりがあります。
眼の疲れは首や肩にも影響しますし、春の気持ちのゆらぎは自律神経と関連してきます。
デスクワークや静の姿勢が多い現代の仕事。
そんな時に首や肩周辺の余分な力をゆるめるボディワークを行いました。

先日学んだ気功と運動学と脳のカラクリの組み合わせ。
身体の使い方は、意識の向け方で大きくも小さくもなります。
ただ、この身体の使い方って、生きてきて実は習ってきていないこと。
知らないうちに歩けるようになり、物を持てるようになり、自分の身体と周りの世界とのつながり方が決まっていきます。
そこには実は思いちがいがある部分もあり。
例えば、首の動かし方や腕の上げ方。
最初は?な雰囲気もありましたが、「あ。こういう感じか。わかった感じ。」
そうそう。その感じなんです。
気づきが心地良さにつながれば、どんどん習慣になっていきます。
日常の中で自分の身体を使うことがとても面白くなります。
これからも季節に合わせた、からだとの対話をお伝えしていきますよ!

内側の部分からは、いつものように体質チェックしてから、その紐解き。
今回は春を迎えていく中で気になる花粉症。
…と言うか、そもそもそれって花粉症⁉️というところから。
「鼻水は何で出るのか?そこに鼻水があるから」
何だか、有名な登山家の言葉みたいですが(笑)
そう言えば、鼻水にも色んな感じがあるなーと思いませんか?
水っぽい鼻水。
鼻に詰まってなかなかスッキリしない鼻水。
知らないうちにツーっと流れてくる鼻水。
それぞれに体質と関係があります。
その違いに気づいてもらえると、闇雲に鼻炎薬ではなく体質に合わせた対策がみえてきます。
これもまた、内側からのからだとの対話です。

体質の違いを知ると、こうしないといけないと思ってしまいがちですが…
神経質になり過ぎなくて良いと、養生デザインでは考えています。
過ぎたら減らす。
足りなければ補う。
そうやってゆらぎながら、日々が整っていくことが大切だと思います。

これからも内側と外側から、からだとの対話の時間をお届けてしていきますよ。
ほどほど養生へのご参加。
カウンセリングのご依頼。
出張セミナー開催希望のご連絡。
お待ちしています!

雨水:寒さがやわらぎ、雪や氷が溶けて水になり雪が雨に変わる時期となりました。

雨水。言葉の響きからも春の柔らかい雨や、だんだんと寒さが和らいで溶けていく様子が想像できますね。
この時期は昔から農作業の支度を始める目安ともされていたそうで、そろそろ春の気配も感じやすくなります。
前回も書きましたが、今年は花粉症など春を先取りしていらっしゃる方のお声もチラホラお聞きします。
今からでも遅くありません。春にむけての養生 をぼちぼち始めていきましょう!
そんな雨水からの 養生デザイン的お勧め養生ポイントはこの4つです。

1.気がついたら深呼吸
2.オススメ食材はキャベツといちご
3.目を休める
4.身体の動きに意識を向けてみる

1.気がついたら深呼吸

冬の間は寒さもあって、どうしても肩も縮こまりがち。呼吸も浅くなっています。
また、年度末で忙しかったり余裕がなかったり…でイライラしがち。
春の陽気を取り入れるためにも、気がついたら深呼吸 を意識してみてくださいね。
オススメなタイミングは、ため息が出た時。
せっかくなので(笑)もっと深く息を吐ききって、カラダの中の空気をお腹の中から抜いていくイメージを。
そして、息を深く吸い込む時は、喉、肺、おなか と3回くらいに分けて体の中の隅々に
空気を送り込むイメージで息を吸い込んでみてくださいね。
簡単なことですが、意外と息を吐き切ること、吸い込むことが引っかかる感じがすることも。
丁寧に吐いて、丁寧に吸う。
これだけでも体も心も少し軽くなりますよ。

2.オススメ食材はキャベツといちご

スーパーにも色鮮やかな、様々なイチゴが並ぶ季節になりましたね。
目が覚めるような真っ赤なイチゴは、見るだけでも元気になれそうです。
イチゴには消化を助けて、お腹の張りや便秘を解消する効果もあります。また、喉を潤す効果もあるので、
乾燥しがちなこの時期の空咳、喉の痛みにもオススメです。
キャベツも、春キャベツがおいしい季節になりましたね。
この優しい甘みが胃にも優しい食材です。
疲れが溜まってきたり、ストレスでなんだか胃が張る感じがする、という方
できればサラダよりも ぜひ熱を通して、ゆっくり良く噛んで食べてくださいね。

3.目を休める

そして、春と言えば”目”の季節。
痒かったり、しょぼしょぼしたり、かすんだり、曇ったり。
目が調子悪いと、どうも日常の暮らしに調子が出ないのは私だけではないはず・・
コンタクトをご利用の方は、いつもより少し早めに外す、寝る前のスマホの時間を5分だけでも短くする
気がついたら、少し遠くの自然を見たり、目をくるくると動かしてストレッチしてみたり
目を軽く閉じるだけでも良いです。
疲れたら休める、は体全体も目も同じ。
情報をたくさん取り込んで、頑張っている目をこの時期はいつもよりもいたわってあげてくださいね。


4.身体の使い方に意識を向けてみる

現代で目が疲れる原因の多くは、パソコンやスマホや仕事などで身体より前下方にあるものに集中することだとも言われています。
この前かがみの姿勢が続いている時には、首周りの筋肉は頭の動きを留めようと緊張し続けることが多いです。
そうなってくると、首や肩が張ってきて肩こりが出来上がります。
そんな時にオススメは自分の身体の使い方に意識を向けてみること。

-見上げる時 首の動きに意識を向ける

天井や空を見上げる時に首の動きを意識したことありますか?
恐らく何となく見上げていると思います。
では、首の動きに少し意識を向けてみましょう。
うなじから頭の方へ首すじをたどっていくと、頭の硬い骨の部分に指が触れると思います。
実はこの辺りに頭と首のつなぎ目があります。
見上げる際にこのつなぎ目を意識しながら、首をゆっくりと上下すると緊張していた筋肉が動き始めふんわり緩んでいきますよ。


-腕を横に挙げる時 肩の動きに意識を向ける

みなさんの腕の付け根ってどこですか?
そんなの肩でしょ⁉︎という声も聞こえてきそうですね。
では、肩を付け根と思いながら横に挙げた後…
今度は鎖骨を付け根と思いながら動かしてみてください。
腕が挙がる高さが変わりませんでしたか?(肩が痛い方はあまりムキにならないようにしてください)
これも先ほどの首と同じで、自分の身体の動きに少し意識を向けると変わる部分の1つです。

こんな風に冬の間に縮こまっていた身体に意識を向けて、少しずつ伸びやかになっていくと、首や肩の運動になるだけでなく、気も巡りやすくなりますよ。
身体の使い方に意識を向ける時間。
ほどほど養生でもこれから深めていく予定です。
お楽しみに‼︎

さて、いつもお付き合いいただきありがとうございます!
春を楽しく過ごすためにも、日頃のちょっとしたケアを意識してみてくださいね。

LINE@はじめました!お友達追加はこちらから↓

友だち追加


いよいよ明後日になりました!福井市WiLで開催の”ほどほど養生 春” 
まだまだご参加お申し込み受付中です。お問い合わせは青木(090-2129-5204)まで。
もちろんLINE@からのお申し込みもOKです。
皆様のご参加、心よりお待ちしています。

立春:暦の上では春です。

立春。暦の上では もう?いよいよ?春です。
まだまだ寒さはこれから・・な気がしますが、今年は花粉症など春を先取りしていらっしゃる方のお声もチラホラお聞きします。
今から 春にむけての養生 をぼちぼち始めていきましょう。
そんな立春からの 養生デザイン的お勧め養生ポイントはこの4つです。

1.少しづつ早起きしてお日様に当たる
2.オススメ食材はニラ
3.ジャスミンティーでリラックス
4.アクティブレスト


1.少しづつ早起きしてお日様に当たる

早寝遅起きを推奨していた冬の期間でしたが、春を迎えるにあたり
朝は少しずつ早起きし始めることをそろそろ意識しはじめましょう。
それは”陽”の気を取り入れるため。
お日様の出ている日は たっぷり陽の気をとりいれ、
春に向けてのカラダのスイッチオン!
今から少しずつカラダの中にも春に向けての準備をはじめてくださいね。

2.オススメ食材はニラ

のびのびと育つニラは、まさに春のイメージ。
香りがつよいのでストレス発散の効果もあります。
またニラには体を温めてくれて、足腰の冷えや腰痛、血の巡りを助けてくれる効果もあるので
この時期にはとってもオススメです。
洗って切って、炒めたりお味噌汁に入れたり、、比較的簡単に取り入れやすい食材なので
是非是非この時期食べてくださいね。
ちなみにニラは、茎に近いところは細かく、のびのびした部分は少し大きめに切るとより
美味しく効率よくニラの良いところを体に取り込めますよ。

3.ジャスミンティーでリラックス

土用は明けますが、これからも胃腸を大切にしていただきたいのは同じ。
そして春が近づくと嬉しい楽しい気持ちにもなる反面、なんだかイライラソワソワしませんか?
ジャスミンティーは、その香りからイライラの鎮静効果があり、食欲不振や胃もたれにも有効です。
日中や食後のリラックスタイムに、また年度末に向けてお仕事でストレスが溜まりがちな方・・ジャスミンティーで
少し息抜きしつつ この時期を乗り切ってくださいね。

4.アクティブレスト

暦では春とは言え、まだまだ気温が低いこの時期。
季節は春!と急に激しい運動をすると、身体に負担もかかる時期です。
そんな時にオススメは、アクティブレスト(Active Rest) そのまま訳せば、活動的な休息。
例えば…

・デスクワークが1時間くらい続いたら、立ち上がって少し社内を歩く。
・研修会や会議の休憩時間に、敢えてトイレに行く。
・車の運転が長く続いたら、SAでウィンドウショッピング。

といった具合で、長く続いた姿勢で動きが滞った筋肉を動かしてあげる。
解き放ってあげる感覚で身体は喜びますよ。
もう少し負荷を上げるなら、椅子を使ってスクワットやいつもより少し遠いお店やコンビニエンスストアへ歩いて買い物も良いですね。
もちろん、冬の時期もしっかり運動しておられた方は、しっかり食べることを大事に引き続く運動を続けていくと良いですね。
溜め込んでいたものを出していきやすい春。 身体も少しずつ目覚めさせましょう。

土用が明けて春が来たとはいえ、まだまだ寒い時期。
どうぞ風邪など引かれませんよう
温かく、暖かくお過ごしくださいませ。

LINE@はじめました!お友達追加はこちらから↓

友だち追加


そしていよいよ再来週になりました 福井市WiLで開催の”ほどほど養生 春” 
まだまだご参加お申し込み受付中です。
皆様のご参加、心よりお待ちしています。

プレビュー(新しいタブで開く)

知っている様で意外と知らない”自分のトリセツ” 覗いてみませんか?

風水鑑定士の松岡優子さんとの楽しいコラボ企画が決定しました。
内側担当 青木優加が所属しているmarucopureneというサロンでのイベントのお知らせです。

題して”自分のトリセツ”

意外と知っている様で知らない自分自身のこと知ってみませんか?

”人生楽に生きるには先ずは自分を知ること。
そんなあなたの取り扱い説明書をご提案します。”

今回は風水の宿命鑑定から見た
生まれ持ったご自身の体質とのつきあい方+養生ポイント をご提案します。

⭐️あなたの生まれ持った宿命は?
⭐️あなたの生まれ持った素質は?
⭐️生まれ持った吉方位と凶方位
⭐️スリムな方が運氣上がる方、少しぽっちゃりのほうが運氣上がる方

これら宿命鑑定で紐解き、さらに この宿命鑑定から見た
自分のカラダと心のケアのヒントを食べ物や生活の仕方からもお伝えします。

日時:2019年2月13日(水) 13:00−16:00

定員3名(それぞれ50分ほど)
13時〜 × ご予約ありがとうございます
14時〜 × ご予約ありがとうございます
15時〜 × ご予約ありがとうございます

料金:5,000-

*お申し込み時にお名前と生年月日をお知らせくださいませ。

・・とお知らせしながら大変申し訳ありません。
この企画、marucopureneのLINE @で先行でお知らせしたところ
あっと言う間に満席になってしまいました・・
また来月も開催しますので、どうぞよろしくお願いします。

内側カウンセリングは随時受付中です。
メニューはこちら→https://bit.ly/2S6Plrh

こちらもお気軽にお問い合わせくださいませ。

ウチガワ日記:”漢方で認知症を考える”と ”薬日本堂×薬日本堂コラボイベント”の二つへ。

今日もウチガワ日記へのご訪問ありがとうございます。
これを書いている今日は節分。
明日から暦の上で春ですが(立春のブログはまた明日!)、なんとなく寒いながらも春の雨の様な雨音もチラホラと・・
確実に季節は動いているなぁと感じています。

さてさて今日は少し学びの日記です。
Facebookには投稿していたりするのですが、もう少し詳しく、そしてこれからは
こちらでも発信していきたいと思いますのでお付き合い頂けたら幸いです。

タイトルのとおり
「漢方で認知症を考える」と「美濃吉さんと 薬日本堂のコラボイベント」の二つに参加してまいりました。
そこで感じたこと、学んだことなどなどをツラツラと・・

漢方で認知症を考える

漢方は、病名よりも症状で捉えることが基本になります。
なので普段も疾患名よりは、どんな症状?からのアプローチとなるのですが
この考え方は認知症にも同じ様に考えていきます。

認知症は アルツハイマー型、レビー小体型、血管性、前頭側頭型、、と 症状や原因も様々。
と言うことは、この一つ一つの症状に着目していったら? の観点からアプローチできるのでは・・と考えていきます。

講義を聞いて、確かに気血水と臓器からのアプローチや予防ができるなとふむふむ。
改めて漢方の考え方に深さとあたたかさを感じました。

養生デザインの基本の考え方は 予防とか対策 というよりも
日々出来ることを続けたら 結果元気にいられる と良いなぁという思いです。

そして、望むことは
・日々の暮らしの中の 養生を提案していくこと。
・ふるさとが元気になること。

そのために漢方や薬膳を学ぶことが私自身は本当に楽しくて。
それを私なりの表現で 皆さんにご提案できたら、、と考えながら過ごしています。

この認知症に限らず、それぞれの疾患名にとらわれずに
養生デザイン ならではの
外側担当山中くんの脳のことと 運動のこと に合わせて
内側からも 漢方養生のエッセンスも取り入れながらご提案していきたいと考えています。
そんな内側外側の合わせ技で
今年は季節の事も合わせながら、症状に着目した「ほどほど養生」を開催したいと思いますので
またどうぞよろしくお願いします。


”薬日本堂×薬日本堂コラボイベント”


さてさて、もう一つのセミナーは美濃吉さんと薬日本堂のコラボ。
テーマは”薬膳のプロと美味しく学ぶ”  です。
薬膳の講義をお聞きしてから 美濃吉さんの美味しい薬膳料理を楽しむと言うイベントでした。

こちらも先の認知症の講義と同じ斎藤友香理先生。
ご紹介遅れましたが、私の中級時代の恩師であります。




私のテーブルは 80代を目の前にして 尚現役でご活躍されているご夫婦と、
リタイヤされて美濃吉さんのお料理教室に毎月通われているという女性とご一緒でした。
お着物でお見えだったので、そんなお着物にまつわるエピソードなどもお伺いでき楽しく参加させていただきました。

お料理の一部です。春を感じる薬膳。

ご参加されていた方も私よりも少し上の世代の方ばかり。
みなさまお元気でほんとうに楽しそうに食べられていて 
”美味しく楽しく食べて元気に” を目指すものとしてはその方たちとお話出来たことも学びになりました。
薬膳と漢方養生の講義をとても分かりやすく優しくお話しくださり
講義終了後にお料理が出てきてからも先生が
各お席をまわられて丁寧に質問にお答えしていたり
お話に優しく共感されていたり‥と
素敵な空気感にほっこり。

いつも大阪へは バタバタと出かけて トンボ帰りなので
久しぶりにゆったりとお食事を堪能できて 心の栄養にもなりました。

ちなみにお料理はスッポン、合鴨、鯛ごはん、、どれも ふむふむ な内容と組み合わせ。
それに とっても美味しかったです。

養生デザインでも、こんな養生ごはんコラボをいくつか企画して まいりましたが
こんな風により、養生や薬膳を身近に感じていただける様に
今年もまた開催できる様に計画していきますね。

今日もお付き合いありがとうございます。
先にも書きましたが、今日は節分。
年越し蕎麦におろし蕎麦、豆まきの大豆、厄除けの鰯。どれもこの時期にオススメの食べ物ばかりです。
春はもうすぐそこ。寒い今から春を感じながらお身体をいたわっていきましょうね。


第1回 ”穴” 開催しました。

2019年1月25日 若狭町Yachimiパンさんにて、初”穴”開催しました。
この会は、女性の穴をテーマに それぞれの方のお悩みをシェアしていただき
そこからそれぞれの穴と身体との関わりを紐解いていくお話会です。

内側担当の青木と、骨盤ボディメイクインストラクターの小豆澤かおりさんとの楽しいコラボ企画。
それぞれの穴に関わるあれやこれやに、あっけらかんとお答えしていきます。

初回はこんな感じでゆるゆると、でもしっかり穴にフォーカスして・・

まずは 私たちの自己紹介と、そのあとさらっとご参加者様の自己紹介がてら
それぞれの気になる”穴”や、カラダの中で気になる部分をお話いただきました。

お悩みのキーワードを拾いながら

そのカラダのお悩みは解決できるのか?
はたまたそれは悩みではなく、みんな同じだから心配しなくて良いのか?

・・などなどを お話していきます。


今回のご参加者さんの年代は30代前半と40代後半の方

ご自身の経験してきた悩みと、まだ見ぬ知らぬ将来カラダに訪れるであろう変化、
そんなこともシェアできるのが今回のお話会の醍醐味だとも思いました。

穴を切り口にしていますが、女性のカラダと心、そしてそれに纏わるお悩みは
千差万別です。
その季節、年代、関わる人々、家族、パートナー、月のリズム、ホルモンリズム、などなどによっても
本当にめくるめく変わり、悩みも解決されてはまた浮上し、、とゆらいでいます。

毎回どんなお話が出てくるか、どんな身体の変化について聞けるのか、もお楽しみに。

ちなみに
私は東洋医学や漢方の知識をベースにした知識から
あずきサンからは、骨盤からの下半身の不思議のお話から
それぞれの得意とするウチガワからお話していきます。

初めまして、同士のご参加者様もいらっしゃいましたが
会が終わって、この笑顔^^ ご参加ありがとうございました!


最後になりましたが、今回私の選んだお昼ご飯をご紹介しますね。

Yachimiパンさんの 山椒あんぱん と くるみとフィグのパン。
そして下の写真はポットパイ、中身はミネストローネを選びました。

寒い時期なので、もちろん温かいスープと、血を作る食材いっぱいのミネストローネ。
そして巡らせ食材のあんこと、冬の養生に欠かせないくるみとドライフィグ が入ったパンを選びました。
そうそう。山椒もお腹を温めてくれる優れものです。
この山椒の辛さとあんこのハーモニーが絶妙で、多分「美味しい!」30回くらい言いました。笑

そんなYachimiパンさんは
福井県三方上中郡若狭町兼田21−8 
火曜日と金曜日の11:30-17:30営業です。

さて、次回の”穴”は 2月5日13:30〜敦賀市粟野公民館 にて開催です!
まだまだご参加受付中。ご参加お申し込みは青木(090-2129-5204)までお願いします。