福井県に住んでいる方なら、1度は耳にしたことがあると思う雑誌『月刊fu』
その3月号の特集の1つが、春の養生だより。
今回、ご縁をいただけ、しっかりと記事にしてくださいました。

あんこの表紙もまたよろし。

原稿執筆

一緒に掲載いただく面々を聞いたらば、しっかりと結果を残してきている方々。
養生デザインの様な若輩者が…と、少し恐縮しました。

…が、編集部の方が取り上げようと思ってくださったお気持ちに応えるべく
初めての原稿に情熱を注ぎました。

読みやすくわかりやすく、でも専門的になり過ぎず、ほどほどな塩梅はどの辺りか?

普段は「ほどほど養生」などのセミナーで、時間の制限はあるもののよく話す2人(時間オーバー常習犯)。
伝えたいことをギュッと凝縮して、言葉を選んで表現することは、ホント削ぎ落とす作業でした。

どの言葉を残すと、流れや内側外側でつながるのか?
そんなことを考えながら、あーだこーだと話し合いました。

そんな荒削りな内容をfu編集部の杉森さんのお力で、何ともふんわりとやわらかい印象にしてくださり、
出版のプロの凄さを感じ、出来上がりに思わずニヤけているところです。

この”春の養生だより”の特集に一緒に掲載されている方々は
養生デザインも日頃お世話になっていて、お会いすると
養生のこと、漢方のことはもちろん、ふるさとのこと、生きていることの理や意味など
お話したり、心の通ったお付き合いをしてくださる 心強く暖かい方達です。
そんな先輩方と一緒に、この特集を組んで頂いたことも本当に感謝です。

今回はご縁をいただきまして
本当にありがとうございました‼︎

なお、この 月間fu は福井新聞をご購読以外の方でも、福井県内ならお近くの勝木書店、藤田書店(鯖江市)などでも
ご購入いただけます。(定価110円(税込))

また、養生デザインの方へお問い合わせいただきましたら、お送りすることも可能です。
どうぞお問い合わせくださいませ。

News!!

今回は春の養生だよりの名の通り、春の特徴と体質を元に、過ごし方や内側と外側からの養生のことに触れました。
「ほどほど養生」の流れを誌面上でするとこんな感じかなーもイメージしました。
そんな今回の内容を次回の「ほどほど養生」でさらに深くお伝えします。
題して、「ほどほど養生+fu」
実は…の話をすると、原稿を入稿してから知識もさらに深まり、内側と外側のリンク感もより深まっています。
何度かご参加いただいた方も、初めての方も、fuに載った内容ってどんなん?と言う方も。
ぜひご参加いただければと思います。
嶺北では、福井駅前ハピリン2FにあるWiLにて(いつもお世話になっている心地良い場所)
嶺南では、敦賀駅構内オルパーク2Fにて(これまたいつもお世話になっているホッとする場所)
詳細は⬇︎をご覧ください。

みなさんのご参加お待ちしています!

敦賀での開催はこちらです。
そして、こちらは福井市のご案内。
ご参加心よりお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です