立秋ー夏の疲れは早めに回復

今日は立秋。
夏の土用が開け、暦の上ではもう秋が始まります。
まだまだ暑い日が続きますが、空や虫の声はちゃんと秋の気配を装っていて
少し淋しくなるような秋の入口を感じています。
気候からも世の中の流れからも「例年と同じもの」と捉えることや、過去と比べる感覚が少し古く感じる今日この頃。毎日のように様々な情報が耳に目に届き、例えば1年前にはキーワードだった免疫力という言葉も、今年はなんだか緊張感とともにその言葉もあまり聞かなくなったような気がします。
秋からはまた喉からの風邪から体調を崩しやすい時期に入ります。
免疫力云々はさておき、夏の疲れをそのままにしておくと、さらに回復するにも時間がかかります。秋からの過ごし方で寒い冬の体調もまた変わってきます。少しでも思い当たる方は、今からでも少しづつ養生していきましょうね。


さて、立秋からの養生デザインからのおすすめポイントはこちらです。

立秋の養生デザイン流過ごし方ポイント

お腹を大切にして夏バテ予防

冷たいものや脂っこいものを飲んだり食べたりしたくなる季節。
夏バテを防ごう!とスタミナをつけなければとばかりにお肉や濃い味付けのものばかり食べていませんか?
土用が明けたとはいえ、まだまだ胃腸を大切にして欲しい時期です。
また、この酷暑で自分が思っている以上に身体は疲れています。
コッテリと食欲をそそるような食べ物が夏バテ予防とセットのように謳われますが、これは身体がしっかり整っている方が食べて、その身体を維持していくために大切なこと。
お腹の調子がすぐれず、特にこの時期になると下痢をする方はスタミナをつけるものを食べる前に消化の良いものでまず身体とお腹の調子を整えてくださいね。そしていつも以上によく噛んで。まずはプラス1回多く噛むことを意識してみて下さい。

お盆もお家で過ごすことが増えそうです。お休みの間に美味しいものを美味しくいただくためにも、食べ過ぎたら翌日は控える、冷たいものを飲み過ぎた日は温かいものもセットにして冷え過ぎを戻すなど、行き過ぎたら戻すことを心がけてみてくださいね。

さらに暑い時期は熱中症を予防するために、とかく体を冷やすことに懸命になりがち。
今年は暑い日が続くので、まずは身体の余分な熱を取り除くことは優先していただきたいですが、
十分クールダウンできたらお腹だけは温かいものを取り入れるなど冷やし過ぎから少しリセットを。
おすすめの過ごし方は
  ・寝るときに腹巻をする
  ・冷たいものを立て続けに飲まない食べない
  ・夜はお白湯で体をリセットする

少しずつの意識からでもお腹をいたわってあげてくださいね。

体に熱をこもらせない工夫で熱中症対策を

お腹を冷やさない…とはいえ熱中症も気になる季節。
熱中症対策に身体の中に熱をこもらせないように、自分でしっかり汗をかいて発散することも忘れずに。
また、暑い時にオススメの食材は
・きゅうり
・トマト
・スイカ
・メロン
 など
 これらは、体内の熱を冷ますのを助けてくれる食材です。

今回のおすすめの梨も身体のこもった熱をとる強い味方。
火照る、のぼせる、ぼーっとする。
熱は出ていないけどなんだか頭のあたりが暑いと感じる時には熱がこもっているサインかも知れません。上手に体内に涼を取り入れて、身体の中が炎上しないようご自愛くださいね。

で残暑を乗り切る

梨は肺を潤し、熱を下げるのを助けてくれます。
喉の違和感や熱感、乾燥にもおすすめ。
特に発熱後の脱水症状にも強い味方なので、この時期のスポーツやお出かけする時に持っていくと体にも美味しく熱中症の予防にもなりますよ。
ただし、体を冷やしすぎるので冷えが気になる方は日中に食べること。
夜エアコンの効いた部屋で冷やした梨を食べるのは控えめに。
それぞれの食材の良いところをうまく利用してこの時期も健やかに過ごしていきましょう。

朝に大きく息を吸う

日の出すぐの空気は "陽" のエネルギーをたくさん含んでいると言われています。そして、お昼を迎えるにつれ次第に陰の気が増えていきます。深呼吸をするなら朝がオススメ。
睡眠でととのえた身体に大きく息を吸い陽の気いっぱいの1日分のエネルギーを取り入れましょ。
ポイントは2つ。
❶まずは息を吐くこと
❷鼻から吸うこと

呼吸の話の際に毎回お伝えしますが、文字の通り”呼"=吐くが先です。吸うは吐くと自然と行えますので、まずはフゥーーッと吐いてみてくださいね。
そして、吸う時。鼻を使うと口よりも深く多く外気を吸い込むことが出来、ゆったりとした呼吸のリズムにつながります。さらに、鼻は外気を適温に調節するすばらしい機能があり、朝はもちろん日中の暑い空気も吸い込み脳や身体がオーバーヒートしないようにしてくれます。すると、肺の奥まで届きやすくなり吸った後に間が生まれゆったりとした呼吸へとつながります。
息をすることは当たり前過ぎてほぼ無意識ですが、実は1日に17,000回以上行っています。
そのうちの10回からでも気を向けられると、肺の養生が大切な秋への備えにもなりますよ。もちろん季節問わず呼吸は大切ですけどね。特に秋は気を向けてあげて欲しいです。
ラジオ体操や朝のウォーキング、寝起きのカーテンを開ける時間に大きく鼻から深呼吸。心地良いのでぜひやってみてくださいね。

今年も尋常ではない暑さ。夏バテを通り越して本格的に体調を崩される方も多いのでは…と心配しています。
先にも書きましたが この暑さは我慢すると”知らぬまに熱中症だった” なんてことにもつながりかねません。
水分補給も喉が乾く前、汗を大量にかく前、に少しずつカラダを潤すイメージで取られてくださいね。
前回の大暑の記事も引き続き ご参考にされてくださいませ。

そして、COVID-19感染拡大防止策の1つとして福井県でも緊急事態宣言が出されました。8/20までが当面の期間です。暑い時期が続く中であることを考えると、何かとみなさんのストレスや疲労がさらに蓄積していくかなと感じます。
養生デザインでは、消毒や換気はもちろんですがカウンセリングや施術は1名様ずつの個人予約制で行っています。また、オンラインでもお受けしております。来店し難い肩や遠方にお住いの方も対応させていただきます。
お疲れの際や聞いてみたいことがあるなど、まずはお声かけください。