小満-ジメジメ対策もしながら夏を迎える準備

今日から小満。
草木が生長し命が次第に満ち満ちて来る頃と言われています。
今年は早くも梅雨入りした地方もありますね。まだ身体が春から抜け出せていないところへこの気候。
身体がだる重く感じたり頭痛にお悩みの方もいらっしゃるかも知れません。
また、だんだんと気温も上がって来る時期です。
5月になっても肌寒い日が続いたり急に暑かったり、と気温や気圧、お天気の変動にさらに心も身体もリズムが乱れがちにもなります。
ストレスも溜まりやすくなりますが、上手に発散しながら少しづつ身体を変化に慣れさせていきましょうね。
さて、小満からのおすすめ養生ポイントはこちらです。

衣替えは少しずつで、寒暖差対策を

朝晩の寒暖差が少し残り、またお天気の悪い日は日中急に冷え込む時もありますね。
そろそろ衣替えの季節。一気に衣類を変えてしまいたい気持ちは山々ですが、少しだけ軽く羽織るものや長袖のものは残しておきましょう。ゾクっときたら、無理に我慢せずに。首元とお腹を中心に身体を温めるようにしてくださいね。
また、衣替えの際にお洗濯されるときはお天気の良い日に。
なかなかカラッと乾いたお天気の日が少なくなりますが、湿気が残ったままの衣類はカビの原因にもなります。除湿機やサーキュレータなど活用して、風を通してサラッと乾いてからの収納がおすすめです。
さらにお布団もまめに布団乾燥機を使って乾かしておくことも良いですよ。寝ている間に汗を吸っている布団。湿気を帯びたままでいると、心地よい睡眠の妨げや目覚めの悪さにもつながります。起き抜けに身体が重だるいなと感じる方は、お布団を乾かすこともぜひお試しください。

姿勢を小まめに変えて巡りを良くする

姿勢を変えることは澱んだり足元に溜まってきた身体の中の湿気や水気を巡らせるイメージです。
簡単に出来ることを3つご紹介します。
❶1時間に1回立つ
❷階段を使う
❸深〜く呼吸

そもそも人間は狩りであったり農作業や魚を獲ったり歩いたりと動いて生きる動物。これまでの歴史を見ても動く期間が長かったのが経済の発展でデスクワークや長距離運転など、あまり動かない活動に置き換わってきています。身体の巡りを良くするには筋肉のポンプ作用や重力が働きも大きく必要なので、動かないと筋肉は働きにくく身体の中の巡りは滞り澱んでいきます。それが、むくみや肩こりなどの原因の1つ。
じゃあ、ウォーキング!と運動を取り入れるにも雨の多い時期。
そんな時は、暮らしの中で動くことを取り入れると自然と身体を巡らせるタイミングが出来てきます。
それが❶の立ち上がる場面を作ることや❷の階段を使うこと。
仕事中の方はひと息入れる時に、イスにそのままでなく立ってフロアを歩いてみたり背伸びをしたり。それだけで座っていた時に曲がっていた股関節が伸ばされて巡りやすくなりますよ。
❷の階段は昇る降りるのどちらかでもOK。昇る時はふくらはぎの筋肉がよく働き、降りる時は太ももの筋肉のポンプ作用がよく働きますよ。降りる時の方が身体への負荷も強くなるので、無理はせず出来ることからで良いです。
そして、身体全体の巡りを助けてくれるのが❸の呼吸。ゆ〜ったりと息を吐いて鼻から吸い込んでくださいね。

一口ずつ水分補給で、梅雨バテ予防

こまめに水分補給を!とよく聞く季節となりました。

「こまめに水分補給」これにはちょっとしたコツがあります。

・何リットルなど数字にとらわれず、乾く前に飲むこと。
・飲み物を飲むときは「ごくごく」と一気飲みではなく、「ちびちび」と一口ずつ口に含み喉を潤す事を意識。
・水分を補給する目的で飲むなら甘いものではなくお茶やお水
・できれば常温以上のものを飲むこと

全てを守ることは出来なくても、どれか出来ることからお試しくださいね。

玉ねぎとらっきょうで巡りUP

この時期のおすすめは玉ねぎとらっきょう。
玉ねぎは、火を通すと滋養強壮を助けてくれますし、玉ねぎの辛味は気血の巡りを助けてくれます。気温差や4月から新年度を迎えての忙しさなどからストレスが溜まっている方には特におすすめ。凝り固まってしまったからだをほぐすのに、お役立ちの食材です。

また胃もたれやお腹の張りのある時には、らっきょうも良いです。
らっきょうは気を巡らせ、身体を温めて冷えを取り除くのを助けてくれる強い味方。気分が滅入っている時にもおすすめの食材なんですよ。苦手な方は刻んで卵とあえてタルタルソース風に使っても良いですね。

らっきょうと言えば、カレーの付け合わせとして思い浮かぶ方も多いかも知れません。
ちなみに、この時期にカレーを食べるなら
・玉ねぎをみじん切りと串切り、両方用意する。
・玉ねぎのみじん切りはよく炒める
・カレーにトマトやピーマンも加えて煮込む。
・市販のルーは控えめで、その分スパイスで味付け。
・付け合わせにはらっきょう

などが、おすすめの食べ方です。ちなみにこの時期、汗をかきすぎるのを抑えるために、辛さは控えめが良いです。


テイクアウト、作り置きからの食中毒には気をつけて


これからの時期、テイクアウトした食べ物や作り置きしたものの温度管理には十分注意してくださいね
涼しい日でも長い間放置しない、すぐ食べる、冷蔵庫に入れる、食べる前に火を通すなど、食中毒にもお気をつけくださいませ。


以上、少しづつ思い出しながらで大丈夫です。この時期も健やかにお過ごしくださいね。

お知らせ

*養生デザインのロゴやグラフィック周りで大変お世話になったTSUGIさんのことを綴りました
また、少し先のこと、難しいことのように思われる介護保険についても、少しずつお伝えしていきます。
ご興味ありましたら、こちらもご覧いただけると幸いです。

*最近、眠りが浅い、ぐっすり眠れないという方のご相談も増えています。
食べることや動くことよりも、まずはゆっくり眠りたい、、そんな方にはアクセスバーズもおすすめです。
詳しくはこちらから。お客様から密かに人気のメニューです。
ゆっくり頭を休めることで身体も休まります。ぜひご利用くださいね。
またカウンセリングはオンラインでもお受けしております。こちらもお問い合わせ・ご予約お待ちしています。