立夏-さわやかな夏の到来、おうちの動きで身体の巡りをUp!

春の土用が明け暦の上では夏の到来です。
今年もあまり自由に動けないGW、みなさまいかがお過ごしでしたか?
家の中で少しでも楽しむコツを見つけられたでしょうか。
それにも飽きてストレスが溜まっている方の方が多いかもしれませんね。
アクティブレストという言葉もあります。のんびりゴロゴロとされた方は少し動くこと。
反対に動きすぎた方は、少しでもゆっくり休むことを意識するとからだがととのいやすくなります。
のんびりできる方は、今日はご自身の身体との上手な付き合い方を探してみてくださいね。

さて、そんな立夏からのおすすめ養生ポイントはこちらです。

1. 鰹を食べてぐっすり眠る

食べると新たな生命力が得られる、寿命が伸びる、と縁起のいいものとされていた初物。
初鰹もその1つです。鰹は血と気を補い消化吸収を助けてくれる食材。
貧血や睡眠不足にお悩みの方にもオススメです。
ただし、胃腸が弱っている時にはお刺身ではなく火を通して食べてくださいね。
腎を補ってくれるので体力回復にも良いですよ。

そして、この時期の初物といえばもう1つおすすめは新茶。
立春から数えて88日目となる八十八夜に摘み取られたお茶には、春のすエネルギーがぎゅっと蓄えられています。
生命力に満ち溢れる健康長寿のお茶とされているのも頷けますね。

新茶はみずみずしくスッキリして、ほんのりと甘いのが魅力。
消化を助けてくれる飲み物でもありますので、食後にどうぞ。温かい緑茶でホッとしながら
胃の中も爽やかに感じてみてくださいね。
ただし眠りの浅い方や夜寝つきが悪い方は夕方までに。また、食事中には水分全盤をとることは控えめに。

2. こまめに水分補給でお腹をいたわる

5月に入り、急に暑く感じる日も増えてきました。
暑くなると欲しくなるのは、冷たい飲み物や食べ物ですね。
冷えるとわかっていてもついつい冷たい飲み物をゴクゴクと、その喉越しを求めてしまいますよね。
(アイスも半分で止めるのは難しい…)
さらに、日に当たったり汗をたくさんかくと、いつもより多めに水分の補給は必要になってきます。
その時に気をつけて欲しいことが一つ。喉がすっかり乾いてからでは少し遅いので喉が乾いたと感じる前にひと口飲むことです。
また一気に水分が胃に流れ込むと、胃に負担がかかり消化不良を招くこともあります。
どうぞ少しずつ身体を潤すイメージで水分補給を心がけてくださいね。
それから、冷えが気になる方はそろそろ今年の冬に向けての体の冷え対策を始めましょう。
冬の冷え対策は夏から! お店などで出てくるお水やドリンクの氷を一つ二つグラスから抜いてみるのを
試してみても良いです。

小まめにコクリと。

3. 4つ数えてイスに座り足腰強くする

家や職場や電車のイスにドスンと座っていませんか?
イスに座る場面はスクワット1回分になるので、せっかくのチャンスがもったいない。
ドスンと座らずゆっくり4つ数えながら座ることで、太ももや腰周りの筋肉が働きます。
太ももの筋肉は体の中でも大きな筋肉。大きな筋肉は身体全体の巡りには持ってこい。
スクワットはトレーニングの王道と言われますが、その所以でもあるかと思います。
イスにゆっくり座る時のポイントは…
❶洋式のトイレに座るイメージ
❷息を止めず4つ小声で数えて座る
❸ひざ下からすねを触りながらもOK

運動として10回を3セットの時間を作れることはもちろんその方が効果的ですが、多くの方はやった方が良いことは分かっていても続けることが難しいと感じます(自分自身もそうです)
イスには毎日座るタイミングがあると思いますので、まずはその1回に気を向けると次第に暮らしの中にスクワット効果のある動きが習慣化されていきます。
その積み重ねが次の季節に生きていきます。ヒップアップ効果もあるので、腰周りの感じも変わっていきますよ。

お尻からそっと座る

4. 洗面所でつま先立ちして巡りを良くする

洗面所限定ではないのですが(笑)
これも“何かのついで”や“◯◯しながら”できる運動の1つです。
つま先立ちではふくらはぎの筋肉を主に使います。
ふくらはぎは下半身の体の巡りの鍵になる筋肉。特に下に溜まりがちな水分を心臓の方へと戻す持ち上げるガッチャンポンプ(井戸から水を汲みあげるアレです)の様な役割をしています。
むくみの予防や足先の冷えをやわらげる効果があるとよく言われるのはこの働きからです。
立って行うと体重や重力も加わりますので、ひざの痛みなどがある方は座ったままでもOKです。
ポイントは…
❶ひざの間を両手の握りこぶし分開く
❷足の幅も同じくらい開く(座って行う方はひざの真下にかかとを置く)
❸つま先立ちを何度かして、慣れてきたら親指のつけ根で支えるイメージ *この時に顔は前を向く

先にお伝えしたイスに4つ数えて座ることもつま先立ちも、体の巡りをUpする点では同じくです。
五臓の"心(しん)"の時期を迎える夏。
他にも出来ることはまだまだありますが、まずはこれからスタートしてみましょ。
大きな動きとして気功や太極拳もとてもよい動きです。暮らしの動きと組み合わせてお届けしたいと思っています。

ふとした場面がチャンス


季節が夏へと移り変わる時期。暑さは急にやって来ますがからだは少しずつ準備中です。
冷たいものの取り過ぎは身体がびっくりしてしまいます。
どうぞ少しずつを意識してくださいね。
夏の健やかさは秋と冬につながっていきます。
これからも季節と共に元気になっていきましょう!