今年の出来事-養生デザイン2020

2020年の12ヶ月間(正確には2019年の冬至〜2020年の冬至)を4つの時期(二至二分)に分けて振り返ってみました。
最後には養生デザインにかかるお知らせもあります。
お時間やご興味ある方はお読みいただけると嬉しいです。

冬至〜春分
 養生デザイン3年目スタート!

  • 養生デザインのサロンの工事開始
  • Twitterにて「今日のほどほど養生」開始
  • 新型ウイルスによる自粛期間のはじまり

かねてより計画していた青木の父方の実家(生前祖母が暮らしていました)を改装し養生デザインのサロンを新設する工事がスタートしました。

Twitterで毎日一つずつ、その日に簡単に取り入れていただけるような養生ヒントの発信をはじめました。現在も青木と山中それぞれから毎日1つずつ、そして養生デザインでは2人のものをリツイートしながら発信中です。
ご覧くださいませ。

 青木のもう一つの勤め先であるドラッグストアがかなり忙しくなりました。
マスクから始まったひと騒動。ウェットティッシュ、アルコールなど除菌関連、トイレットペーパーと色々なものが棚から姿を消し、人の本質の怖さを垣間見たこともありました。その後入荷してくるマスク・飲料・トイレットペーパー…と箱も大きくて重さも結構な物の納品の仕事が増え体力勝負の日々のはじまり。
そのおかげで身体の動かし方が大きくなったのも、思い起こせばこの頃からです。1日5時間の勤務での歩数は約8000歩を超えるようになりました。

 一方、山中ももう一つの勤め先である介護保険事業の会社で健康づくり教室の様な集まって行う事業が約4ヶ月間休止になりました。
再開した際の体力測定では参加されたみなさんの数値が下がっていることが多く、コロナ禍の影響が及んでいることを実感しました。
養生デザインとしても、対面でなくてもお届け出来る方法を導入する必要性を感じた頃でした。オンラインセミナーや情報の発信の仕方と従来の方法を再考する意味では良い時間となりました。
同時に、サロンなどでお会いしてお話しできることの希少価値を感じました。
感染症予防への養生について、養生デザインとしても出来ることを伝えていくきっかけにもなりました。

春分〜夏至 
 コロナで一変。模索する日々

  • 予定していたサロンのオープンも時期を見て延期。
  • オンラインでのカウンセリングを開始しました。

自粛期間の終わりが見えず、みるみるとイベントやセミナーが中止を余儀なくされました。
私たち養生デザインはどう進んでいくか?
どうやって、今でこそ大切にして欲しい「養生」をどうお届けするかの試行錯誤が始まりました。
新しい生活様式の言葉がある様に、今できることは何か?を模索する為にもオンラインでのカウンセリングを始めました。物理的な距離が埋まる利点を感じつつ、傍に居ないことで肌で感じる難しさも感じました。

夏至〜秋分 
養生デザインのサロンオープン!

  • 夏至の日。ようやく念願のサロンをオープン。

今年一番の出来事はやはり養生デザインの事務所兼サロンをオープンできたことです。
冬至にスタートした養生デザイン。オープンは陽が極まった夏至の日。
当日はびっくりするほど多くの方からお祝いの言葉やお花をいただきました。
気にかけてくださった方のお気持ちがとても嬉しく、今でもその感激は昨日のことのように覚えています。
オープン出来た満足感と同時に内心は出産を終えてほっとしたような、この産んだ子をしっかり育てていかなくては、という気持ちにすごく似ていました。より気持ちを引き締めて頑張ろう!と心に誓った日でもあります。

5名様に定員を絞り、サロンで久々にほどほど養生を開催できました。参加されるみなさんの雰囲気を肌で感じながら行える楽しさを改めて感じました。

秋分〜冬至 
番組収録・健康づくり事業の再開

  • 季節の養生ヒントをお届けする「養生な日々」の撮影+OAスタート。
  • セミナー「ほどほど養生」をオンラインで初開催
  • 健康づくり事業のアドバイザーの依頼も少しずつ増えてくる

 ありがたいご縁に恵まれ、「養生な日々」という健康に関するコーナーを制作し出演する運びとなりました。
現在3週間に1度、敦賀市のRCN(嶺南ケーブルネットワーク)の 「つるいち!」という情報番組内でご覧いただけます。

https://www.rcn.ne.jp/rcn/community_channel/tsuruichi/

二十四節気をテーマに今年は10回放送。本当に貴重な経験をさせていただいています。

 社南公民館様のご提案で、「ほどほど養生」を初めてオンラインで開催させていただきました。密を避けて行う新しい生涯学習講座のヒントをいただきました。海外からご参加くださる方もいらっしゃり、グローバルな展開も計画できる可能性を感じました。

 春先のわけがわからないコロナ禍の混乱から少しずつ落ち着きも感じられ、講座や健康づくり事業の依頼が相次ぎました。1つご紹介すると、敦賀市の健康管理センターはぴふる様と「健幸スマイルチャレンジ」「敦とんウォーク」に山中がアドバイザー兼講師として依頼を受けました。1ヶ月間を目標に健康に関する3つの取り組みを行う中で、歩く姿勢のチェックや運動の習慣化や暮らしの動きで身体の使い方を良くするポイントをお伝えしました。参加者も多かったのですが、印象的だったのは歩いたり身体を使うときに笑顔の方が多く、様々な活動自粛の中で人の心や体も抑え込められていることを実感しました。
来年へとつながる事業の1つとなりました。

https://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/news_from_facility/gaibu_shisetsu/kenkocenter/ikiiki/smile/R02/sumachare.html

冬至、そして4年目へ
ラジオへの出演・イベント出店から次を見据える

  • サロンの感染症予防対策工事と庭の完成
  • けひさんアートマルシェ初出店
  • NHKラジオにゲスト出演
  • FBCラジオの講師出演
  • 冬至・養生デザイン3周年

感染症予防対策として、サロンの換気設備を増設しより安心してお越しいただけるよう整備しました。またようやく中庭も整い、アクセスバーズやカウンセリングの際に庭を見ながらくつろいでいただける空間になりました。

神楽商店街に居を構えて初めてのイベント出店。初めて表通りでのお仕事となりました。空活と称して気比神宮の周りが一体となったイベント。敦賀の中でもこれからとても楽しみな場所になっていく第一歩のイベントに参加できたことがとてもありがたかったです。

時を同じくして青木はNHK様のラジオ番組、山中はFBC様のラジオ講座にそれぞれ出演。
NHK様のラジオでは「情報たら福〜いこっさ!きこっさ!〜」の薬膳スペシャルの回に、薬膳の専門家として青木がゲスト出演させていただきました。薬膳の初歩の初歩をラジオをお聞きの皆様にお伝えするという貴重な経験をさせていただき、ラジオの音だけで情報を伝えるという奥深さと難しさ、合わせて楽しさも勉強になりました。しかも初の生放送出演。心臓が飛び出るかと思いましたが、アナウンサーの太田さんに引っ張っていただいて無事放送が終了してほっとしたことも記憶に新しく残っています。
一方、山中はFBCラジオ様の生涯学習講座であるラジオ放送講座「いきいきセミナー」に講師として出演させていただきました。この講座は約24分間が1コマで受講者の方は購入されたテキストを手元に聴講する形式の講座。テキスト用の原稿と収録用の原稿の作成、ディレクターの方はいらっしゃいますがスタジオに入り目の前にあるマイクに向かって話す。普段セミナーで行う話し方とはまた違い、もの凄くエネルギーを使いました。収録後はグッタリ。この経験のおかげで届ける難しさと大切さに改めて気づき、現在も行なっているTV収録へも活かすことが出来ています。

さて、2017年の冬至にスタートしました養生デザインも、おかげさまで4度目の冬至を迎えることができました。
これも皆さまのご支援やありがたいご縁のおかげです。
感謝とまた次年度への取り組みに向けて決意を新たにしました。

お知らせとご挨拶

2020年、コロナ禍でコミュニケーションの形も変わり、また様々な情報を指先一本使えば片手の中に一瞬で手に入れることが出来るご時世となりました。
私たち自身もどこまでお客様に信頼していただけるかは、努力次第だと改めて気持ちを引き締めています。

自分自身を取り巻く様々な情報を鵜呑みにせず、これはどうなのか?と疑うこともしなくてはいけないことは、とても残念に思いますが、その反面教養や知識が自分で自分の身を守る手段になると痛感した1年間でもありました。

そこで改めて養生デザインから皆様にお約束とお知らせです。

・私たち養生デザインが願うことは、お客様の健康と生き生きと生活できる日常です。
その為には、これをしないといけない!などと不安を煽るようなお話や、アドバイスは出来るだけ避けるようこれからも心がけます。

・セミナーではもちろん、カウンセリングやアクセスバーズなどで物販も当面の間は予定していません。以前、布ナプキンを少しお取り扱いしていたこともありましたが、それも現在は行っておりません。
養生デザインのメニューに付随して、私たちのサービス以外のものを販売したりご案内することはありませんのでどうぞ安心してお越しください。
もちろん、お悩みに沿った食べ物やお薬はアドバイスの一つとしてご紹介させていただきますが、私たちから強制することは一切ありませんのでご理解いただけましたら幸いです。

・養生デザインからのサービスは、途中で止めることができないようなモノをお売りしたり、その様な関係へ導くことももちろんありません。お客様に少しでも心地よく安心していただき、少しでも楽な気持ちでサロンやセミナーにお越しいただける様、これからも精進して参ります。

・兼ねてよりリクエストいただいております漢方薬・お茶・その他お客様の養生にお役に立てそうな商品は、今後養生デザインオリジナルの物を含めまして少しずつ準備計画しています。
まだまだ計画段階ですので、皆様のご要望などもお聞かせいただけたら幸いです。

・カウンセリングを受けていただいた際に、漢方薬の助けがあった方がより効果的と判断しました際は、お客様のご意向を伺いながら福井市にあります「なつめ薬局」様の薬剤師である千知岩祐次先生をご紹介しています。
症状についてはもちろんですが、ご予算にも応じてくださり、何よりもお客様のことを一番に考えてくださる、とても信頼のできる穏やかで優しく素敵な先生です。
養生デザインとしても心強く感じています。
詳細についてはご来店いただいた際にお話しますので、こちらも安心してお越しくださいね。

なつめ薬局
https://natume-p.jp/

◉開店時間について
営業時間を下記の様に変更しました。
火・水・木・金の15時〜20時となります。
15:00〜18:00:神楽のサロンにて対応
18:00以降  :オンラインでの対応
上記以外のご希望がある際にはお電話やメールにて調整いたします。

*セミナーなどで出張していることもございますがご了承くださいませ。

長くなってしまいましたが、2020年といいますか養生デザインをスタートした2017年からの3年間は本当に葛藤ばかりの毎日でした。このやり方でみなさんに届くのか?このままでやっていけるのか?などなど。
それでも、もちろん苦しいだけではなく、楽しい充実した日々でもありました。

4年目を迎えまして、それぞれから来年に向けて

カラダの内側担当:青木優加より
 40代も中盤に入り、今年も一年また身体の声を聞くことが楽しくなってきました。
とても個人的なことではありますが、ここ十数年いくつか課題のあった健康診断で今年は血液検査はオールAの診断をいただきました。健康診断は目安のひとつではありますし、持病ももちろんいくつか持ち合わせておりますが(漢方の世界に入ったのも持病がきっかけでした。)。
来年はこの経験を生かし自分の身体との付き合い方を振り返りながら、お客様の養生にもより寄り添えるよう精進したいと思っています。
また日々のドラッグストア勤務の中で身体の使い方も少しずつ変わり、体重や体型にも良い変化が現れてきています。養生に運動は欠かすことができません。運動が苦手でめんどくさがりな私ですが、そんな私だからこそシェアできることをまたカウンセリングなどでお話しできたらと思っています。

カラダの外側担当:山中雄大より
 今年はコロナの衝撃で日本だけでなく世界が強制的に動きを止められました。人間は動かないと心身機能が下がることを改めて感じましたし、健康とは何か?を深く考えることが出来ました。これからも暫くの間続くであろうコロナ禍。健康づくりで何が大切か?を自身にも問い続けてきましたが、現在の私の考えは食べて動いて出して眠ることをととのえる。しかも無理せずととのえること。コロナウイルスが教えてくれていることは、即時的な効果だけに頼るのではなく持続出来る様に自身の身体の力を引き出していくことだと感じています。
 その為には続かない10回の運動よりも続けられる1回を暮らしの中に融け込ませていくことが肝要です。そして運動の為には食べることがエネルギーの源。美味しいものを美味しく食べられることを大切に、自身も養生しながら講座やお会いした際のアドバイスに繋げていきます。
 先が読めない時代ですが怖いのはコロナよりも自分の身体の声を聴けないこと、聴こうとしないこと。来年も身体の声の聴き実感していただける様、精進していきます。