早寝早起き・ゆっくり休んで身体をととのえる-立冬

お布団から出るのが辛い時期になってきました。いよいよ冬の始まり、立冬です。
これからは早寝早起きがとても大事な時期にもなります。なぜなら冬至まではどんどん「陰の気」が強まっていくので、朝から陽の気を取り入れることで元気に過ごせるから。
日中はなるべくお日様にあたり深呼吸するなど、少しでもお日様を意識しながら。本格的に冬支度をはじめましょう!

この時期の養生デザインからのオススメのポイントを4つご紹介します。

冬が苦手な方に-黒豆がオススメです。


冬は陰陽五行でいうと「腎」の季節。この腎はこれからの季節にとてもよく働いてくれるのですが、寒さに弱いのも特徴。腎を補う食べ物を食べて寒い中でも元気に働いてもらいましょう。
おすすめの食べ物は黒豆、黒ごま、黒きくらげ、黒米、えび、鮭。
黒い食べ物が多い印象です。
これらの食材は血を増やして、巡りを助けてくれるので身体をポカポカにするのを手伝ってくれます。
寒さが苦手な方や、寒い日は体調が優れない方はぜひ取り入れてみてくださいね。

喉に潤い補給して風邪から身体を守る

秋の深まりとともに、よく耳にするのは咳や喉のイガイガなどのトラブルや喉風邪です。 特に喉の潤い不足から風邪を引かれた方、しっかり回復されていますか?
まだ体力が回復せず、風邪がいつまでもスッキリしない方は免疫力が下がったまま冬を迎えることになります。ゆっくり身体を休め、温めて。
今のうちに身体を立て直しておいてくださいね。
身体の内側からの潤い補給も忘れずに。
オススメはスープや鍋物。食材はレンコン、大根、豆腐、長芋です。
しっかりよく噛んで身体に染み込ませるイメージで、ゆっくりじっくり味わって食べてみてくださいね。

冷えが気になる方はまず手首足首&腰を温めて

冬は寒いので他の季節よりも体が冷えやすく、温まりにくい季節です。
体が体温をあげようと頑張るために、エネルギーを消耗しやすい時でもあります。積極的に体を温めて、身体の中を温めるチカラをUPしていきましょう!
おすすめの温めポイントは6ケ所です。
首、左右の手首、左右の足首、の”首”のつく部分と腰。
体にくびれができる細い部分は血流が悪くなりやすく、そこから体の抹消へ血液が送られなくなり冷えを招きやすくなります。
この部分に、手袋・レッグウォーマー・マフラーなどを使って熱を逃さない工夫をするだけでも寒さの感じ方がグッと変わりますよ。
また、さらに冷えを感じる方は腰にカイロを貼ることもおすすめです。こちらは低温火傷には十分ご注意くださいね。

体力温存・回復のためにもゆっくり休みよく眠る 


年末が近づくにつれて、忙しさから体を休めることをついつい後回しにしてしまいます。
そんな時こそ、しっかり休んで翌日に備えることもお忘れなく!
夜更かししがちな方も、この時期は日が変わる前に眠りに就く日が増えると良いですね。
ゆっくり眠りすっきり起きる為のホントに簡単なストレッチを1つ。
寝ながら出来ますよ。
 ①仰向けでバンザイ
 ②両膝を立てて片側に倒す
 ③この時ゆっくり大きく深呼吸(口から吐いて鼻から吸う)
 ④反対側も同じく
背中や脇腹が伸ばされるので、呼吸もしっかりしやすくなります。
眠る前には、1日の身体の張りをゆるめてゆっくりと休む準備。
起きる時には、寝ている間に縮こまっていた身体を大きく使うことでスッキリと身体が動き出しますよ。
さらに起きる前に足首の曲げ伸ばしを追加すると、起きたすぐの身体の動きやすさが実感出来ますよ。

さて、急に寒くなりました。
まだ早いかな?と感じる厚手のコートも出かける時間帯によってはご用意してくださいね。また、首元をカバーするものは必須です。ぞくっと来たらさっと首をカバーするのもオススメです。

明日からも楽しく笑顔で、健やかに過ごせますように。

営業時間やご予約に関するお知らせ

ただいまカウンセリングをオンラインでも承っております。
セミナーやサロン外での業務が増えているため、ご予約取りにくい状況になっており申し訳ありません。
そのため、ただいまオンラインメニューのみ営業時間を21時まで延長して受付しています。
お困りの方はどうぞご相談くださいませ。

STORES 予約 から予約する