秋分-収穫して蓄えていく時期

今日は秋分。太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。この秋分を挟んでの前後1週間が秋のお彼岸です。
みなさま、お墓まいりは行かれましたか?
私はお墓まいりの際に彼岸花を眺めるのもこの時期の楽しみの一つです。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉のとおり朝晩涼しくなり、とても過ごしやすくなりました。
そして今日は社日と言って、秋分に一番近い戊(つちのえ)の日でもあります。この日は大地や農業の神様に感謝する日。春分から半年。これからは春から種をまいて大事に育てたものを収穫ししっかりと蓄えしていく時期に入ります。
みなさまが今年種まきされたことは、しっかり実りましたでしょうか?
春分の頃から養生し大切に養ってきた身体は、きっとこれからの寒さに向けて健やかに過ごすチカラをしっかり保ってくれているはずです。反対に、無理が重なっていらした方は急に辛さが出てきたりする時期にもなります。今からでも遅くはありません。気づいた時が養生はじめのタイミングです。今日からまた少しずつ身体をととのえていきましょうね。
そしてどちらの方も同様に、引き続き身体の声を聞きご自分の体と気持ちよく付き合っていきましょう。
この時期の養生デザインからのオススメポイントはこちらです。

白い食べ物オススメです

秋のオススメ食材は、ざっくりで言うと”白い食べ物”
白ごま、白菜、豆腐、レンコン、白きくらげ、ユリ根、梨…これらは乾いた身体に潤いを与えてくれる食材です。
秋は乾燥し、喉からの風邪を引きやすかったり、肌の乾燥も気になる季節。蕁麻疹のお悩みもよく聴きます。秋は五臓で言うと肺の季節。
白い食べ物は肺の働きを助けると言われていて、この時期の養生に重宝します。
見渡してみると秋の旬の食材は白い食べ物が多いですよね。
最近は”旬”の食べ物を見分けることが難しくなってきました。それでもスーパーの地場野菜コーナーでは比較的その地で採れる旬のお野菜や果物が手に取りやすくなっています。
この時期は特に、来たる冬に向けて体の抵抗力をあげて置くためにも旬の野菜をふんだんに取り入れてくださいね。
ただし果物は身体を冷やすのでどうぞ常温のまま、できれば午前中に食べるなど身体を冷やさない工夫をしてくださいませ。
舞茸を始め、しめじ、椎茸、ヒラタケもオススメです!

5つの首は冷やさずに

涼しくなったと思ったら、涼しいを通り越して寒い!なんて感じることもありませんか?
(私は結構あります)
そろそろ羽織るものも1枚持ち歩いたり、ストールなど特に首を暖めるまたは、冷やさないアイテムをお持ちになることをオススメします。
夏バテからお疲れを引きずったままの身体は、抵抗力が少し低くなっていて風邪を引きやすくもなっています。
風邪は首の後ろから入ると言われているので、少しでもここから風邪の侵入を防ぎましょう。

吐いて吸って深呼吸

秋も深まる時期。五臓では肺に当たります。
普段無意識にしている呼吸がさらに大切になりますが、深呼吸の時に吸うのと吐くのとどちらから始めていますか?
息を吸うことに意識が向いてしまいがちではないかと思いますが、呼吸で大切なことはまず"吐くこと"。
呼吸という文字からも呼=吐くが先に来ていますし、吸うを呼ぶとも書きますね。吸気通り “吐いて吸う ” ですよね。
ゆっくり深く長く吐いて しっかりと新しい空気を身体に満たしていくイメージで深呼吸してみてください。
気分がモヤモヤする時、落ち込む時、イライラする時にも深呼吸オススメです。
特にこの時期、○○心(女?男?)と秋の空と言うくらい気候も気温もコロコロと変わり自律神経も乱れがちになります。
漢方でも自律神経の乱れには気を調えることが大事とされていて、気の巡りが滞るとカラダの中のエネルギーも巡りづらくなります。
イライラしてげっぷが出たり、ため息が出たり…は気の巡りの滞りからです。
深呼吸することで気持ちも落ち着きバランスがとれやすくなりますよ。

さてさて。これから 行楽の秋、読書の秋、スポーツの秋そして 何より楽しみな食欲の秋 本番ですね。
美味しいものを 美味しく食べられること。が、”養生デザインの目指す養生” のひとつでもあります。
どうぞ 楽しく美味しく心地よく残りの半年も お過ごしくださいませ。

秋分の日に感謝を込めて…お知らせ:オンラインセミナー「ほどほど養生」を無料開催します!

少し急ですが、10月2日金曜日19時30分より「ほどほど養生」を開催します。
テーマは「はじめての養生『身体の土台をととのえる』」
オンラインで開催しますのでこれを読んでくださっている遠方の方もご参加いただけますよ。無料での開催となります。お気軽にご参加くださいね。


ほどほど養生の1番の特徴は、
体質や症状に合わせた漢方養生をベースにした身体の内側、つまり食べ物や過ごし方と、暮らしの中での動きをベースにした身体の外側からのととのえの合わせ技です。
ご自身の体質をチェックし、食べ方・過ごし方・身体の使い方のポイントを知るとストイックにならず健やかに体調をととのえる近道になります。

クービック予約システムから予約する

皆様のご参加を心よりお待ちしています。