立秋

今日は立秋。夏の土用が開け、暦の上ではもう秋です。
今年は梅雨が長かったですが、空けた途端のこの暑さ。早々にバテていませんか?
しばらく続きそうな酷暑を思うだけでめまいがしそうですね。
それでも夕方頃からの風はすでに秋の気配。残暑が少し早く来たような感じすらしています。我が家の台所で聴いている蝉の鳴き声も変わりました。

今年の○○は例年とは違う、のような「例年とは違う」というフレーズを冬頃からよく聞くようになりましたね。私自身はすでに「例年と同じもの」と捉えること自体、過去と比べることや感覚が少し違って来たのではないかと感じています。
もちろん、養生デザインが大切にしている、古きを知り漢方の知識に沿って養生していくという軸は変わることは有りません。けれども、この古きを現代の暮らしに適すように変換して皆さまへどうお届けするか?を模索している日々です。

さて、前置きが長くなりましたがこの暑さはしばらくしっかり続きそうです。
しかも長雨続きの湿気を帯びた身体、また土用と梅雨がしっかりと重なった事を考えると、より養生することが大切だと感じます。秋を迎え健やかに冬に向かっていくために日々できることから少しずつ、身体の声を聴きながら養生ポイントなど取り入れていただけたら幸いです。

さて、立秋からの養生デザインからのおすすめポイントはこちらです。

立秋の養生デザイン流過ごし方ポイント

お腹を大切にする

冷たいもの脂っこいものを飲んだり食べたりしたくなる季節。
夏バテを防ごう!とお肉ばかり食べていませんか?
土用が明けたとはいえ、この酷暑で自分が思っている以上に胃腸が疲れています。
スタミナをつける!系の食べ物が夏バテ予防とセットのように謳われますが、これは身体がしっかり整っている方が食べて、その身体を維持していくために大切なこと。
お腹の調子が優れず、特にこの時期になると下痢をする方はスタミナをつけるものを食べる前に消化の良いものでまず身体とお腹の調子を整えてくださいね。そしていつも以上によく噛んで。まずはプラス1回多く噛むことを意識してみて下さい。

また、制限がかかるとは言えお盆で人が集まりご馳走が楽しみな時期でもあります。
美味しいものを美味しくいただくためにも、食べ過ぎたら翌日は控える、冷たいものを飲み過ぎた日は温かいものもセットにして冷え過ぎを戻すなど、行き過ぎたら戻すことを心がけてみてください。

さらに暑い時期は熱中症を予防するために、とかく体を冷やすことに懸命になりがちですが、お腹だけはどうぞ冷やさないように。
  ・寝るときに腹巻をする
  ・冷たいものを立て続けに飲まない食べない
  ・夜はお白湯で体をリセットする
少しずつの意識からでもお腹をいたわってあげてくださいね。

体に熱をこもらせない

…とはいえ熱中症も気になる季節。
身体の中に熱をこもらせないように、自分でしっかり汗をかいて発散することも忘れずに。
また、暑い時にオススメの食材は
・きゅうり
・トマト
・スイカ
・メロンなど
 体内の熱を冷ますのを助けてくれる食材です。

今回のおすすめの梨も身体のこもった熱をとる強い味方。
火照る、のぼせる、ぼーっとする。
熱は出ていないけどなんだか頭のあたりが暑いと感じる時には熱がこもっているサインかも知れません。上手に体内に涼を取り入れて、身体の中が炎上しないようご自愛くださいませ。

梨がオススメ

梨は肺を潤し、熱を下げる働きをしてくれます。
喉の違和感や熱感、乾燥にも効果が期待できます。
特に発熱後の脱水症状にも強い味方なので、この時期のスポーツやお出かけする時に持っていくと体にも美味しく熱中症の予防にもなりますよ。
ただし、体を冷やしすぎるので冷えが気になる方は日中に食べること。
夜エアコンの効いた部屋で冷やした梨を食べるのは控えめに。
それぞれの食材の良いところをうまく利用してこの時期も健やかに過ごしていきましょう。

朝に大きく息を吸う

日中は、アスファルトの照り返しで空気が熱く息苦しい感じもまだまだ続きますが、早朝の空気は少しずつ柔らかくなり秋の空気へと変わってきています。
そして、日の出すぐの空気は "陽" のエネルギーをたくさん含んでいるとも言われています。
この時間(起きた時でもOK)に、大きく息を吸い陽の気を身体に取り入れると身体の調えにもなります。
身体に取り入れる時は鼻呼吸が良いですよ。鼻から吸い込むと、適温に調節された空気が肺の奥まで届きやすくなり、吸った後に間が生まれゆったりと吐くことが出来ます。
息をすることは当たり前過ぎてほぼ無意識ですが、実は1日に17,000回以上の呼吸をしています。そのうちの10回からでも気を向けられると、陽の気を蓄えはいの時期でもある秋へと移り変わっていく際の調えになります。
ラジオ体操の時間や朝のウォーキング、寝起きのカーテンを開ける時間に大きく鼻から深呼吸。
心地良いのでぜひやってみてくださいね。

今年のこの尋常ではない暑さ。
夏バテを通り越して本格的に体調を崩される方も多いのでは…
先にも書きましたが この暑さは我慢すると”知らぬまに熱中症だった” なんてことにもつながります。
水分補給も喉が乾く前、汗を大量にかく前、に少しずつカラダを潤すイメージで取られてくださいね。
前回の大暑の記事も引き続き ご参考にされてくださいませ。

さて「夏バテ」の養生をお伝えする会。ほどほど養生も今のところ予定通り開催予定です。詳しくはこちらhttps://bit.ly/3koKbS7

※敦賀市内でも新型コロナウイルス感染者が確認されました。
今後の状況によっては開催を中止、または開催方法を変更してお届けする可能性もございます。
またコロナウイルス感染拡大防止のため、お申し込みされた方には変更などのお知らせをいたしますのでご安心してご参加お申し込みくださいね。

※養生デザインでは新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う福井県のガイドラインに添いまして以下のように配慮しております。

新型コロナウイルス感染拡大防止の取組について
・サロン入口にお客様用消毒液を設置しております。またマスクを着用してお話します。
・お越しの際は、極力マスクの着用をお願いいたします。
・お越しいただいた方と密接にならないよう適切な距離を取るようお席を用意して開催します。