NEWS

立夏 

春の土用が明け暦の上では夏の到来です。
今年は旅行に行けないGW、みなさまいかがお過ごしですか?
家の中で少しでも楽しむコツを見つけられたでしょうか。
飽きてストレス溜まっている方の方が多いかもしれませんね。
アクティブレストという言葉もあります。のんびりゴロゴロとされた方は少し動くこと。
反対に動きすぎた方は、少しでもゆっくり休むことを意識するとからだがととのいやすくなりますよ。まだ少しお家で過ごす時間がいつもより多くなりそうです。
のんびりできる方はご自身の身体との上手な付き合い方を探してみてくださいね。

さて、そんな立夏からの養生デザイン流おすすめポイントはこちらです。

1. オススメの食べ物は鰹

食べると新たな生命力が得られる。寿命が伸びる。と縁起のいいものとされていた初物。
初鰹もその1つです。鰹は血と気を補い消化吸収を助けてくれる食材。
貧血や睡眠不足にお悩みの方にもオススメです。
ただし、胃腸が弱っている時にはお刺身ではなく火を通して食べてくださいね。
腎を補ってくれるので体力回復にも良いですよ。

そして、この時期の初物といえばもう1つおすすめは新茶。
立春から数えて88日目となる八十八夜に摘み取られたお茶には春のすべての気がぎゅっと蓄えられています。生命力に満ち溢れる健康長寿のお茶とされてい流のにも頷けますね。

新茶はみずみずしくスッキリしてほんのりと甘いのが魅力。
消化を助けてくれる飲み物ですので、食後に温かいお茶でホッとさせてくれながら
胃の中も爽やかにしてくれます。
ただし眠りの浅い方や夜寝つきが悪い方は夕方までには飲み終わるようにしましょうね。

2. こまめに水分補給

5月に入り25℃付近の日もあり、急に暑くなってきました。
暑くなるとやっぱり欲しくなるのは、冷たい飲み物や食べ物。
特に飲み物は、冷えるとわかっていても冷たい飲み物をゴクゴクと飲むのが美味しく感じられますよね。(アイスも半分で止めるのは難しい…)
日に当たったり汗をたくさんかくと、いつもより多めに水分の補給は必要になってきます。
喉がすっかり乾いてからでは少し遅いので、喉が乾いたと感じる前にひと口。
また、ゴクゴクと飲む喉ごしが気持ち良かったり美味しかったりしますが、一気に水分が胃に流れ込むと胃に負担がかかり消化不良を招くこともあります。
どうぞ少しずつ身体を潤すイメージで、水分補給を心がけてくださいませ。
また、冷えが気になる方はそろそろ今年の冬に向けての体の冷え対策を。
冬の冷え対策は夏から! まずはお店などで出てくるお水やドリンクの氷を一つ二つグラスから取ってみるところからお試しくださいね。

小まめにコクリと。

3. 椅子にゆっくり座る

家や職場や電車の椅子にドーンと座っていませんか?
その1回もったいないですよ。
暮らしの中で椅子に座る場面はスクワットになります。
椅子にドーンと座らず、ゆっくり座ることでより太ももや腰回りの筋肉が働きます。
太ももの筋肉は体の中でも大きな筋肉なので、身体の巡りをUpさせるには持ってこい。
スクワットはトレーニングの王道と言われたりしますが、その所以でもあるかと思います。
椅子にゆっくり座る動きは、このスクワットをしている動き。
膝下からすねを触りながらゆっくり座ると、太ももや腰回りの筋肉が働きやすくなります。
運動としてスクワットを毎日する時間を作ることは難しさもありますが、椅子に座る1回に気を配ると次第に暮らしの中にスクワット効果のある動きが習慣化されます。
椅子に座る時のその1回をゆっくり座っていると、次の季節には腰周りが変わってきていますよ。

お尻からそっと座る

4. 洗面所でつま先立ち

洗面所限定ではないのですが(笑)
これも“何かのついで”や“◯◯しながら”できる事かと思います。
つま先立ちではふくらはぎの筋肉を主に使います。
ふくらはぎは下半身の体の巡りの鍵になる筋肉で、特に下に溜まりがちな体の水分を持ち上げるガッチャンポンプ(井戸から水を汲みあげるアレです)の様な役割をしています。
浮腫の予防や足先の冷えをやわらげる効果もあるのはその為です。
立って行うと、体重や重力も加わりますが、膝の痛みなどがある方は、座ったままでも良いです。
先にお伝えした、ゆっくり椅子に座ることもつま先立ちも心の時期を迎える夏には、どちらも体の巡りをUpするという意味で取り上げました。
他にもまだまだありますが、まずはこれからスタート。
慣れてきたら、大きな動きを取り入れていきましょう。
気功や太極拳もとてもよい動きなので、「ほどほど養生」でも取り入れていく予定です。
空間を共有して身体を巡らせるボディワークが出来る日をホント楽しみにしています!

ふとした場面がチャンス


季節が夏へと移り変わる時期。暑さは急にやって来ますがからだは少しずつ準備中です。
冷たいものの取り過ぎは身体がびっくりしてしまいます。どうぞ少しずつを意識してくださいね。
夏の健やかさは秋と冬につながっていきます。これからも季節と共に元気になっていきましょう!