立春 -1年の始まり


立春。
1年を分ける節分が過ぎ、暦の上では新年を迎えました。
まだまだ寒さは続きますが、春を迎えて溜め込んでいたものを身体の外に出していく時期です。
陽の気が上がってくるに合わせて、ぼちぼちと身体を目覚めさせていく感覚で取り組みましょう。
そんな立春からの養生デザイン流おすすめポイントはこの4つです。

1. 少しづつ早起きしてお日様に当たる

冬の期間は早寝遅起き推奨でしたが、春を迎えたこの時期は少しずつ早寝早起きを意識し始めましょう。
それは身体の中に”陽”の気を取り入れるため。
お天気の日にはお日様から陽の気をたっぷり取り入れ、春に向けて身体のスイッチオン!
今から少しずつ身体も春準備をはじめてくださいね。

2. おすすめ食材はニラ

のびのびと育つニラは、まさに春のイメージ。
香りが強いのでストレス発散の効果もあります。
また、ニラには体を温め足腰の冷えや腰痛、血の巡りを助けてくれる効果もあるので、この時期にはとってもオススメです。
洗って切って、炒めたりお味噌汁に入れたりと比較的簡単に取り入れやすい食材なので、是非是非この時期に食べてくださいね。
ちなみに、ニラは茎に近いところは細かくのびのびした部分は少し大きめに切ると、より美味しく効率よくニラの良いところを体に取り込めますよ。


3. ジャスミンティーでリラックス

土用は明けますが、これからも胃腸を大切にしていただきたいのは同じ。
そして、春が近づくと嬉しい楽しい気持ちにもなる反面、なんだかイライラソワソワしませんか?
ジャスミンティーは、その香りからイライラの鎮静効果があり食欲不振や胃もたれにも有効です。
日中や食後のリラックスタイムに、また年度末に向けてお仕事でストレスが溜まりがちな方はジャスミンティーで少し息抜きしつつ乗り切ってくださいね。

4. アクティブレスト

まだまだ気温が低いこの時期。
そして、暦では1年の始まりのこの時期は一気にアクセル全開ではなくボチボチと加速していきましょう。
そんな時にオススメは、アクティブレスト(Active Rest) そのまま訳せば、活動的な休息。
例えば…

・座りっぱなしが1時間くらい続いたら立ち上がる。
・研修会や会議の休憩時間に、敢えてトイレに行く(行きたくなくても)
・車の運転が長く続いたら、SAでウィンドウショッピング。

…といった具合に、長く続いた姿勢で動きが滞った筋肉を動かしてあげる。
座りっぱなしが続くと、血行不良でお尻が痺れてきたり足が冷えたりするので、立ち上がるタイミングを作ってお尻を解き放ってあげましょう。

もう少し負荷を上げるなら、椅子を使ってスクワットやいつもより少し遠いお店やコンビニエンスストアへ歩いて買い物も良いですね。
冬の時期も運動されていた方は、しっかり食べることを大事に引き続き続けていくと良いですね。
冬の間に溜め込んでいたものを出していきやすい春。
身体も少しずつ目覚めさせましょう。

5. 講座のご案内

さて今月の ”ほどほど養生” は漢方の入口がテーマです。
養生の基本になる気血水や、五臓と季節のつながりなど面白さ
こちらでは土用の期間に必要な養生を余すところなくお伝えします。
ぜひお越しくださいね。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

2月20日(木)
 昼の部 14:00~15:30
夜の部 18:30~20:00
  会場:福井市 福井駅前広場ハピリン2階 福井銀行WiLさま
  参加費:2,500-

2月21日(金) 19:00~20:30  
  会場:敦賀市 養生デザイン(敦賀市神楽町1−4−8:神楽商店街天清さま東隣)
  参加費:2,500-


ご参加受け付けております。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

土用が明けて春が来たとはいえ、まだまだ寒い時期。
どうぞ風邪など引かれませんよう
温かく、暖かくお過ごしくださいませ。