NEWS

大雪-いよいよ本格的な冬到来

大雪。
いよいよ本格的な冬の到来、そろそろ平地でも雪が降る頃と言われています。
北陸は冬タイヤにそろそろ交換する時期ですね。

朝お布団から出るのが日に日に辛くなりますが、眠る時も身体をぽかぽかに保ってぐっすり養生してくださいませ。

さて今日はそんな 大雪からの養生デザイン流オススメのポイントを4つご紹介します。

1.オススメの食べ物は:鍋物 (鱈・ネギ・キノコ)

小雪では牡蠣をオススメしましたが、今回のオススメは鱈。
鱈は気血を補い疲れた身体を回復させてくれます。
また脂身も少ないので、忘年会やクリスマスなど師走恒例のお食事の機会が増え胃腸に負担もかかりそうな時期。
この時期に胃腸に優しいお魚でもあるのです。
そして、プラスしていただきたいのはネギ。
気血を巡らせて、身体を温めてくれるので胃腸を労わり身体を温めつつ、ストレスで滞る巡りを助けてくれますよ。
また、キノコ類も冬の免疫力アップに欠かせない存在。
鍋とも相性バッチリです。
その中でも養生デザイン流冬のオススメ食材は黒いキノコ。
…黒いキノコって???
しいたけ、舞茸、黒きくらげ…スーパーで並んでいる「しめじ、えのき、と比べると黒いな」と感じるキノコをふんだんにどうぞ。

2.足湯

寒さが日に日に増して来ます。
積極的に身体を温めていただくことはもちろんなのですが、足湯で温かさをプラス。
この時期お風呂でゆっくり温まる事もオススメですが、あまり長い間入っていると、のぼせたり心臓に負担がかかる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、少しテレビを見たり読書をしたりボーっとする時間に足湯。
冬のこの時期は汗をたくさんかくよりも出来るだけ体に熱を蓄えていただきたいので、どうぞ朝または夜にお試しください。
私もただいま、時間を見つけて足湯を心がけています。
特にこれから足先が冷える方にもオススメですよ。

3.引き続きゆっくり休む

身体を休めることは養生でも基本中の基本。
特にバタバタと時間に追われる年末が近づいてくると、より気忙しく感じてしまいますね。
なかなか「ゆっくり休む」ができない時期でもありますが、足湯なども利用して5分でものんびり。
呼吸で自律神経の調えも気忙しい合間に出来ることです。
特にいつもよりゆっくりと吐くことに気を向けると、気持ちをリラックスさせてくれる副交感神経がより働きます。
眠る時にフゥーっと7回くらいするのも寝入りやすくなるのでオススメです。
起きている時も眠る前にも、ペースダウンする時間をお過ごしくださいね。
前回のブログはこちらです→https://bit.ly/2s335Hd

4.早寝遅起き

そして最後に早寝早起きならぬ早寝遅起き。を。
動物たちは冬眠に入るこの季節。
人間も同じく眠る時間を他の季節よりも出来るだけ増やして免疫力も高めておきましょう。
お日様が上るまで本当は眠っていたいところすが、そこは現代の生活に合わせる事も必要。
出来る限りでゆっくりと起きることをオススメします。
湯たんぽを足元に入れたり太ももに挟んだり…
下半身があったかいと安心して眠れますので、こんなひと工夫もぜひ取り入れてみてくださいね。

いよいよ冬本番になるこの時期。
4つのポイントで元気に過ごして下さいませ。

そうそう。
そろそろ風邪を引くと長引きやすく、症状が重くなりやすい季節にもなります。
養生も大切ですが外から帰ったらウガイと手洗いはお忘れなく!
ウガイも冷たいお水ではなく、少しぬるめのお湯だと気持ち良いですよ。

ここでご紹介した以外にも身体の内側と外側からの養生はこちらでも詳しくご提案します。
まだまだご参加お申し込み受付中です。

【講座のご案内】
 ◉ほどほど養生-冬  

敦賀会場はコチラ
今年ラストは毎回お世話になっているWiLにて

【今月のイベント参加】
 ◎まちゼミ
   http://www.tsuruga.or.jp/top/city_seminar/2019/city_seminar_2019/index.html
 ◎グリーンピクニック
   https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/event/article.php?id=EVEN0000022437