ほどほど養生」カテゴリーアーカイブ

”無農薬・無肥料”の梅で「ゆるゆる梅しごと・ほんのり養生の会」を開催します。

『梅はその日の難逃れ』という言葉もあるように
梅は体調を整えてくれる優れものです。

薬膳的にも 整腸作用、カラダに潤いを補う、気を巡らせる…特に夏場に必要な養生には欠かせない役割を持っています。

梅干し、梅エキス、梅ジュース…
地産地消という言葉があるように
とくに若狭に住む私たちには昔から
夏のカラダにも身近なお薬箱のような存在。

そんなふるさとの美味しい梅は
熱中症や夏バテ対策にも活用できますね。

今年は自分でつくり、
身近な梅から農薬や肥料を使わないお野菜や
スーパーでの選び方 も考えてながら
取り入れてみませんか?

今回は無農薬でつくっていらっしゃる農家さんをお招きして、梅にまつわるお話や、無農薬の梅の良さ、梅にまつわる養生について…
梅シロップを作りながら、楽しくお話します。
詳細は下記のとおりです。

まだお席ありますので ぜひご参加くださいませ。

♠️農薬・化学肥料不使用で梅を作っていらっしゃる
若狭町地域おこし協力隊出身
エコ・プレイス・サカノの坂野佳彦さんをお招きします。

坂野さんの作られている梅

♦︎オススメポイント

*梅は皮をむいてシロップを作ることが出来ないので農薬を使っていない梅で安心して楽しめる

*薬膳的にも夏の養生には欠かせない梅。さらに必要な要素をたくさん含む黒砂糖やてんさい糖を使ってパワーアップ。 
  →このあたりのひみつは、つくりながらゆるゆると紐解いていきます。

**なんと!ご参加者さまには、今年に限り青梅を通常価格の1〜2割引でご購入いただけます。

♦︎オプションもたのしめます!

・黒砂糖やてんさい糖が苦手な方→

 お砂糖を氷砂糖にすることも出来ます。お申し込み時にお知らせください。

・梅酒にもOK→

 ホワイトリカーやブランデーなどお好みのお酒をお持ちいただいてもOKです。
 (ただしアルコール度数20%以上のものでお願いします)

・赤ちゃん連れ歓迎!→

 家では手が離せない、目が話せないママも梅しごとをゆっくり楽しんでいただけます。

・梅の追加注文OK→

 当日はお一人につき梅500gを用意します。

 追加で別途お買い上げいただくことも出来ますので、参加時にお申し付けください。

ほのぼのとした会にしたいと思いますので

お気軽にご参加くださいませ。

 

ご案内

日時:6月13日(木)10:00〜 14:00〜 2回開催

会場:ケン太ハウス 敦賀市櫛川93-301-4

参加者さまには詳しく場所をご案内します。

参加費:3,000-

(材料費込みです。そのため、お申し込み前々日のキャンセルは実費をお願いします。詳しくはお問い合わせください)

定員:各回 先着10名さま

持ち物:容器(梅500gをつけるので1.5リットルが目安、二つに分けてもOK)、お手拭き用のおしぼり

当日は梅500gを用意します。

もしも追加でご希望の方は別途お買い上げいただくことも出来ますので、参加時にお申し付けください。

お申し込み:090-2129-5204 青木 または

info@yojo-design.comまで

ほどほど養生-春の土用 @WiL 開催しました。

福井では初めての土用の会。
おりしも前々日くらいからの荒天で 体調不良の方続出でした。
土用の解説をして季節の体質チェック。
その紐解きに ” この不調の原因、これやったんですね! ” と
ご自身のカラダの声との答え合わせに 納得していただけたり
その夜からの過ごし方に大いにヒントになったりと、私たちも嬉しい反応やご感想を頂きました。


そとがわからは、呼吸と立ち方を意識してから、 “八段錦”という気功の型の1つを取り入れてみました。
せっかく行うので、何となくではなく身体のイメージをしっかりと高めていきました。
方法は動画や本でたくさん紹介されています。

見て出来ることより、せっかく足を運んで下さった時間でグッと集中。
みなさん 普段とは違う動きへ意識を高めて真剣に取り組んでくださり、終わった頃には じんわりと汗が。
スッキリしていただけたかな…と思います。 またやりますので、ぜひご一緒に気を高めましょう!


今回の養生スイーツは、 敦賀の増井弘海堂さんの 豆らくがんと昆布飴。
出汁用の昆布と、ごはんに載せて食べる納得昆布 のお土産つきでした。
この4品、どれもほんまに美味しくて どうしても食べていただきたい!と選びました。
増井さんには もちろんもっと沢山の 昆布モノがありますので またぜひお立ち寄りくださいね。


またこの日は FBCおじゃまっテレの 亀嶋アナウンサーが「キラリ情熱人」の取材に来てくださりました。
インタビューに答えてくださった方も✨
ご協力ありがとうございました!


今回は 内側、養生薬膳アドバイザー青木優加に スポットを当ててくださり
ミニドキュメンタリー番組として 色々と取材して頂くなかでの一コマでした。
放送は 5月13日16時38分ごろから おじゃまっテレの番組内、”キラリ情熱人”の コーナーです。
まだ取材は続きますが、私自身も ドキドキとワクワクです。
タイミング合いましたら ぜひご覧くださいませ。

さて次回は、”はじめての養生” と題しまして、漢方や養生の入り口になるお話会を
5月23日(木)開催します。
季節の養生のベースになるご自身の気血水のお話や五臓の役割、
陰陽のお話などなどをテーマにお話しますのでぜひお越しくださいませ。

ほどほど養生-土用@敦賀 開催しました。明後日25日(木)は福井のハピリンで開催します!

「ほどほど養生 -春の土用」を開催しました。
土用は脾の働きを整える時期。養生デザインでは、その時々のテーマに合わせていろんなお店とコラボさせていただいております。今回は神楽商店街にて、増井弘海堂さんとコラボレーションさせていただきました。


おもむろに立派な昆布たち。迫力満点です。
左から日高昆布、利尻昆布、羅臼昆布 です。

増井さんからは、昆布の種類や出汁のテイスティング、出汁を取った後の昆布を使った佃煮など。
「白ごはん欲しい!」と思わず言ってしまうスタートでした。
驚いたのは、一番出汁の美味しさと専門店の方がスーパーよりも安いものも多くあること。
専門店=高いと思いがちでした。
美味しい使い方やおススメの話も聞けて美味しくて安い。 最高ですやん!  
昆布出汁も養生デザインも、身体にやさしく、じんわり響く感じ。
慌ただしいとどうしてもひと手間を省きがちですが、そのものの味を引き出すことが
日々の中でやっぱり大切やなと感じられました。 身体も同じですね。  

神楽商店街には、養生の視点からも素敵なものがたくさんあります。
これからもコラボレーションしていきますので、ほどほど養生にも神楽商店街にもお越しくださいね。  

からだのうちがわ部分では、体質チェックから春・土用・夏と季節に症状を分けて紐とき。
体質別に取り入れると体調が調いやすくなる食材や過ごし方をお伝えしました。  
今年の春の土用は、元号が変わる、時代が変わるという少し違う空気感をまとった土用になります。
そして話題になっているゴールデンウィーク10連休。。
急に暑くなり、冷たいものを食べたくなる時期に突入します。

そういう私も、先日白川郷に行き「どぶろくソフト」を食べました。
いつもはアイスは冷えるから、と控えているのですがどうしても「ご当地ソフト」は食べたくなってしまいます。
(どぶろくもしっかりいただきましたが・・)
体の冷えはお腹からも。なので冷えをしっかり意識していただいて、冷やしたら温める→真ん中に戻す。
に意識して、楽しいお休みをお過ごしくださいませ。

増井さんの出汁をとる手際に惚れぼれ。


からだのそとがわ部分では、今回はボディマッピングと気功。

普段無意識に近い部分の身体の使い方に意識を向けた後、
八段錦と呼ばれる気功の型の1つから胃腸を調える動きにポイントを置き全員で集中。
おかげで画像なしです(笑) (→内側も気功に集中してたため。)

気功は、方法も大切だと思いますが、三調と言われる気をしっかりと向けることをこれからも特に大切にしていきたいと思っています。
今回は少しの動きでしたが、みなさん身体が芯から温まったり、肩の張りが少し楽になったりと反応がみられました。  

さてさて、いよいよ明後日は福井市初開催の土用の会。
今回のスイーツとお土産の昆布を敦賀から持って行きます!
まだまだご参加お申し込み募集中ですので、ぜひご参加くださいませ。
お申し込み心よりお待ちしています。

清明:春の息吹に満ちはじめるころ

清明。清らかで明るい春の日を受けて花が咲き始め、日本中が春のいぶきに満ち始める頃です。
あぁ日本語って美しいなぁ・・と二十四節気の響きを聞くといつも思いますが、その中でも清明は好きな節気の一つです。

新元号も発表されましたね。
こちらの響きにも美しさや穏やかさ和やかさを感じつつキリッと新しい気持ちにもなる印象。
キリっとしつつ やわらかな美しい ことばだなぁと思いました。
古いものを大事に 大切に重んじながら 
それを新しいもの、新しい時代のもの に磨いていく。
養生デザインの軸でもある日本古来の伝統や 日本で培われた医学や養生法を 
新しい時代に 取り入れやすいように やわらかく。
ほどほど具合を追究、発信していこうという思いにも襟を正す気持ちでいます。

さて、そんな今日からの養生デザイン的養生ポイントはこちらです。
そろそろ春の土用入り。
年度始め、また平成の締めに忙しい毎日をお送りの方も少しでもゆっくりしてくださいね。



1.食べすぎた次の日は 少し食事を軽くする
2.呼吸を整えストレッチ
3.おすすめの食べ物は 菜の花 グレープフルーツ
4.手首・足首はまだ冷やさずに・・

1.食べすぎた次の日は 少し食事を軽くする

お祝い事や歓迎会、、などなどハレの席が多くなる時期です。
お祝い事は楽しく美味しく、お酒もグンとすすみますが・・・そろそろ土用入りも待っています。
ということは、またまた胃腸をさらに大事にする時期。
お祝いや飲み会など楽しいお席の前後の日々は、少ーしだけでも胃腸に優しい、消化の良いものや温かいもので
翌日に備えたり、身体を労っておくこともお忘れなく。
食べ過ぎたな、と思ったら、翌日は何を食べればいい?ではなく、むしろ食べないことに気をつけることで
内臓が休むことができ元気を回復できますよ。

2.呼吸を整えストレッチ

新しい年度がスタートして、環境や仕事が変わり心身ともに力が入る時期。気疲れや肩コリに出てきていませんか?
そんな時には(そうでない方は調えとして)呼吸を整えながらのストレッチが心身を緩めてくれます。
やり方は…

①鼻から吸う⇄吐く
②呼吸のリズムを整えながら手のひらを天に向けていく。まっすぐ引っ張られていくような意識。
 この時に大切なことは、呼吸をゆっくりと深くすること。息を止めてしまわないようにして下さいね。
むしろまずは呼吸に意識を向けるくらいが良いかと思います。

詳しくは、今月開催予定の「ほどほど養生」でもお伝えします。福井県外の方やもっと知りたい!と思われた方。お気軽にお問い合せ下さいませ。

3.おすすめの食べ物は 菜の花 グレープフルーツ

苦い食べ物は、こもった熱を冷ましてくれる役割を持っています。
その中でも今回のオススメは、菜の花とグレープフルーツ。
菜の花は目の充血や、めまいやのぼせ、イライラに良いです。また滞っているものを発散させる役割も持っているので
炎症を抑えたり、吹き出物や肌のトラブルを抑える働きも。
またその鮮やかな花の黄色からは見るだけでも元気をもらえますね。
また、グレープフルーツは二日酔いにもオススメです。
解毒機能があり、その爽やかな香りからイライラを発散させてくれたり
気を巡らせてくれることから、食べ過ぎや胃が重く感じるときなどにも
不快感を抑えてくれますよ。

4.手首・足首はまだ冷やさずに・・

4月の初めは本当に寒の戻りが厳しく寒かったですが、ようやく春の心地よさを感じられるようになりました。
ただし、まだまだ朝晩は冷え込みが強かったり風は冷たかったりします。
なのでまだまだカラダを冷やさない、そしてあたためる工夫をお忘れなく。
春は特に気温の差が 自律神経の乱れを招きなんとなくだるい症状が出やすくなります。
まだ急に薄着にはならずに、手首足首冷やさずにお過ごしくださいませ。
特にお花見の時。山の上や野外は、まだまだ夜は寒い時が多いです。 
桜の下でビールで乾杯!は格別ですが、翌日に冷えを残さない工夫を。  
お白湯でビールの冷えをリセットするのもオススメですよ。

ご家族の入学や入社、転勤、引っ越し、、、そしてお子さんの春休み。
なんでも引越しの業者さんが忙しくて、なかなか引っ越せない方もいらっしゃるとか。
ご自身のことでなくても心配事や緊張、準備にまつわるあれこれ、、でストレスや疲労から胃腸のトラブルを招きやすい時期でもあります。 春は肝の季節で、肝の養生を、、、とお伝えしていますが、清明の後半は土用にもかかります。 
土用は脾の季節。胃腸の養生も同時に始めてくださいね。


ほどほど養生、次回はそんな胃の養生のお話を!
しかも今回の敦賀開場は老舗の昆布屋さんとのコラボ企画。昆布にまつわるあれこれをお聞きできるので
私たちも今から楽しみです。
福井の会場でも昆布のお話や昆布をお持ちしますので、どうぞお楽しみに。

お申し込み、まだまだ受付中です。
皆様のご参加心よりお待ちしています。

春分:一年のはじまり

昨日は春分でしたね。
春分は昼と夜の長さがほぼ等しくなる日、自然をたたえて 生物を慈しむ日ともされています。

養生デザインが大切にしている”中庸” は陰と陽のバランスがとれた状態。
昼と夜、 寒さと暖かさがちょうどバランスが取れることからも
ゆらぎや中庸に少し意識を持てると良いタイミングです。



ちなみに私の愛用している地球暦(詳しくはこちら→http://heliostera.com/)は今日がはじまりです。
陰の気から陽の気が増していく切り替わりです。

ちょうど一年前から始めたこの二十四節気にちなんだブログも
おかげさまで一周り。
より、季節や暦の流れを楽しむことが出来る一年となりました。
また一年間 どうぞよろしくお願いします。

これが地球暦。今日は春分なので0度地点、時計で言うと3時のところです。
太陽を中心に、それぞれの惑星の今ある場所をこの暦から感じることが出来ます。
”人間は宇宙の一部、カラダの中に小宇宙がある”ことも意識しながら・・



”今、ここを知る” この地球暦に出会ってから
さらに”今”自分のあるこの瞬間にフォーカス出来るようになりました。

さてさて、前置きが長くなりました。
そんな地球の一年のはじまりの日からの養生デザイン的オススメポイントはこの4つです。


1. 朝日を浴びる
2. オススメの食べ物は、アスパラガスと春キャベツ
3. 肩のストレッチ
4. 首を冷やさない工夫を

1. 朝日を浴びる

「春の一番の養生は早起き」と言われるほど良いことではありますが、
”春眠暁を覚えず” という言葉もあり、お布団の中で過ごす時間も捨てがたい時期ですよね。
それでも朝日をしっかり浴びて体内時計もリセット。
お日様からの陽の気をたっぷりと取り込んで、1日を元気にスタートしましょう。
外気を取り込むのがさらにオススメですが、花粉症のかたは無理なさらずに…。
窓から差し込む光を浴びるだけでも良いですね。
身体も伸ばしながら深呼吸もしつつ、朝の一番の習慣にぜひ取り入れて見てください。


2. オススメの食べ物は、アスパラガスと春キャベツ

アスパラガスは胃腸の働きを整え、元気を補ってくれます。
また、体の余分な熱を取り、口の乾きや咳を和らげる効果も。
疲労回復にも良いので年度末で忙しい方にはぜひ取り入れて頂きたい食材です。
また、春キャベツも美味しい時期となりました。
こちらも胃腸の機能をアップしてくれるので、体も胃腸もお疲れの方はどうぞよく噛んで
キャベツの自然な甘さをお楽しみくださいね。
この時期口内炎もよく見られる症状です。口内炎ができたら胃腸のお疲れのサイン。
刺激的な食べ物は控えめに、よく噛んで食べて口内炎だけでなく体全体を大事にしてくださいね。

3. 肩のストレッチ

年度末や新年度に向けての書類やデスクワークも立て込んでくるこの時期。
肩もこりやすくなっていませんか?
肩のストレッチと聞くと、腕を回したり肩を動かしたりと思いがち。
もちろん、それも効果的ですが、うなじの上の方にある頭と首のつなぎ目を意識して動かすことで、首〜肩の筋肉がほぐれやすくなります。
春の時期=眼の養生も大切にしたいことを加えると、特にオススメです。
肩の上に乗っているのは、首と頭。
土台になる肩や肩甲骨周りもですが、頭を支え動かす部分にも気を持っていくと随分と軽くなりますよ。

うなじを下から上へたどっていくと、ポコっと骨が出ている部分があるかと思います。
そのちょうど下あたりです。

4. 首を冷やさない工夫を

日中はお日様が出ていて暖かそうな空気、かと思いきや意外と風が冷たいのもこの時期の特徴の一つ。
前日からの気温差が5℃以上ある日もよくあります。
特に今年は寒の戻りが平年より厳しく感じますね。
春は風の影響を受けてゆらぎやすい季節であるとともに、寒暖差からも体調を崩しやすくなります。
冷やっとした冷気を身体に取り込まないためにも、スカーフやストールなど思いがけず寒く感じる時に
首元だけでも温められる準備をしておくと良いですよ。

以上、今回も4つのポイントを意識して過ごしてみてくださいね。

そして、この春の養生をさらに深めるべく
「ほどほど養生+fu」を開催します!


ご参加まだまだ募集中ですので、ぜひお申し込みくださいませ。
昨夜は敦賀で開催しました。
新しい試みも取り入れ、「ほどほど養生」もパワーアップ中です。

嶺北では、福井駅前ハピリン2FにあるWiLにて(いつもお世話になっている心地良い場所)
嶺南では、敦賀駅構内オルパーク2Fにて(これまたいつもお世話になっているホッとする場所)
詳細は⬇︎をご覧ください。

敦賀会場はこちら
福井会場はこちら。ごめんなさい昼の部、夜の部ではなく午前、午後の開催となります。

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!

啓蟄: そろそろカラダも冬眠から目覚めましょう!

啓蟄。暖かくなり、冬眠していた虫が土の中から出てくるといわれている時期となりました。
日差しも少しづつ暖かく優しくなり草木も芽吹き始めます。山菜もそろそろ出始めていますね。
乾燥して春ならではの症状もピークになるこの時期、今回のオススメ養生ポイントはこの4つです。

1.ゆっくり息を吐く
2.オススメの食べ物は、ニンニク・生姜
3.眼を休める
4.ミントの香りでリラックス、お茶にプラスしても。

1.ゆっくり息を吐く

年度末の行事が増えたり、仕事でも気忙しくなる時期ですね。
そんな時、呼吸は今すぐに出来る心と身体の調えです。
ポイントは、ゆっくり息を吐くこと。
息を吐くと副交感神経=リラックスする神経の働きが高まります。
何かと気持ちが揺さぶられるこの時期は、呼吸に意識を向けると自然と調いやすくなりますよ。
その時には、姿勢も大切になってきます。
セミナーとして開催している「ほどほど養生」やカウンセリングでもお伝えしています。
気忙しくなると、身体にも影響が出てきやすくなりますので、なおさらご自分の身体の使い方にもぜひ気を向けてあげてくださいね。

2.オススメの食べ物は、ニンニク・生姜

この時期のオススメの食べ物は、ニンニクと生姜。
人とのお付き合いがあるときは敬遠されがちなニンニクですが
気や血の巡りをよくし、カラダを温めてくれます。また、胃腸も温めて消化を助けてくれもするので
体力回復や元気の元になりますよ。またこのあとオススメのミント同様、鎮静作用やストレス発散効果も。
体力的にも精神的にも疲れている時にピッタリの食材なのです。
また、生姜もカラダを温める働きが強く、発汗を促し、解毒作用がある便利食材。
(ただし刺激も強いので食べ過ぎ注意です。)
黄砂も気になり始め、花粉症の方には辛い季節ですね。
ツーっと自分でも意図しないままに、流れ落ちるような鼻水が出る方は
冷えが原因の一つでもあります。
この二つの食材を上手に取り入れて、3月もお元気にお過ごしくださいね。

・・この二つのことを思うと、思い出されるのは”餃子” ・・・なのは私だけでしょうか?
ちなみに私は餃子にニラと春菊を刻んで入れるのが好きです。
焼いたものも美味しいですが、スープや鍋に入れてもあっさりと満足感が出ます。
ぜひご家庭でも楽しんでみてくださいね。


3.眼を休める

そして、今回も引き続き眼のケアを。

痒かったり、しょぼしょぼしたり、かすんだり、曇ったり。
目が調子悪いと、どうも日常の暮らしに調子が出ないのは私だけではないはず・・
コンタクトをご利用の方は、いつもより少し早めに外す、寝る前のスマホの時間を5分だけでも短くする
気がついたら、少し遠くの自然を見たり、目をくるくると動かしてストレッチしてみたり
目を軽く閉じるだけでも良いです。
疲れたら休める、は体全体も目も同じ。
情報をたくさん取り込んで、頑張っている目をこの時期はいつもよりもいたわってあげてくださいね。

4.ミントの香りでリラックス、お茶にプラスしても

ミントはイライラや火照りを鎮めて穏やかにしてくれるクールダウン効果を持っています。
なので、首や肩が熱く感じる時、喉がイガイガしたり炎症を感じる時にもオススメ。
もちろんこのスーッとした香りをかぐだけでも、気持ちが少しほっこりしゃっきりします。
春にオススメの取り入れ方は、あったかい緑茶にこのミントを少しいれること。
緑茶の鎮静効果と合わせて、脳もスッキリしますし忙しい時の気分転換にピッタリです。
飲み口も爽やかなので、脂っこいものを食べたあとや、なんだか口の中も熱っぽい感じに感じる時などにも
オススメです。

以上、今回も4つのポイントを意識して過ごしてみてくださいね。

そして、この春の養生をさらに深めるべく
「ほどほど養生+fu」を開催します!
ご参加まだまだ募集中ですので、ぜひお申し込みくださいませ。

嶺北では、福井駅前ハピリン2FにあるWiLにて(いつもお世話になっている心地良い場所)
嶺南では、敦賀駅構内オルパーク2Fにて(これまたいつもお世話になっているホッとする場所)
詳細は⬇︎をご覧ください。

敦賀会場はこちら
福井会場はこちら。ごめんなさい昼の部、夜の部ではなく午前、午後の開催となります。

みなさんのご参加心よりお待ちしています!

月刊fuに掲載してくださいました! そしてNews:「ほどほど養生+fu」を開催します!

福井県に住んでいる方なら、1度は耳にしたことがあると思う雑誌『月刊fu』
その3月号の特集の1つが、春の養生だより。
今回、ご縁をいただけ、しっかりと記事にしてくださいました。

あんこの表紙もまたよろし。

原稿執筆

一緒に掲載いただく面々を聞いたらば、しっかりと結果を残してきている方々。
養生デザインの様な若輩者が…と、少し恐縮しました。

…が、編集部の方が取り上げようと思ってくださったお気持ちに応えるべく
初めての原稿に情熱を注ぎました。

読みやすくわかりやすく、でも専門的になり過ぎず、ほどほどな塩梅はどの辺りか?

普段は「ほどほど養生」などのセミナーで、時間の制限はあるもののよく話す2人(時間オーバー常習犯)。
伝えたいことをギュッと凝縮して、言葉を選んで表現することは、ホント削ぎ落とす作業でした。

どの言葉を残すと、流れや内側外側でつながるのか?
そんなことを考えながら、あーだこーだと話し合いました。

そんな荒削りな内容をfu編集部の杉森さんのお力で、何ともふんわりとやわらかい印象にしてくださり、
出版のプロの凄さを感じ、出来上がりに思わずニヤけているところです。

この”春の養生だより”の特集に一緒に掲載されている方々は
養生デザインも日頃お世話になっていて、お会いすると
養生のこと、漢方のことはもちろん、ふるさとのこと、生きていることの理や意味など
お話したり、心の通ったお付き合いをしてくださる 心強く暖かい方達です。
そんな先輩方と一緒に、この特集を組んで頂いたことも本当に感謝です。

今回はご縁をいただきまして
本当にありがとうございました‼︎

なお、この 月間fu は福井新聞をご購読以外の方でも、福井県内ならお近くの勝木書店、藤田書店(鯖江市)などでも
ご購入いただけます。(定価110円(税込))

また、養生デザインの方へお問い合わせいただきましたら、お送りすることも可能です。
どうぞお問い合わせくださいませ。

News!!

今回は春の養生だよりの名の通り、春の特徴と体質を元に、過ごし方や内側と外側からの養生のことに触れました。
「ほどほど養生」の流れを誌面上でするとこんな感じかなーもイメージしました。
そんな今回の内容を次回の「ほどほど養生」でさらに深くお伝えします。
題して、「ほどほど養生+fu」
実は…の話をすると、原稿を入稿してから知識もさらに深まり、内側と外側のリンク感もより深まっています。
何度かご参加いただいた方も、初めての方も、fuに載った内容ってどんなん?と言う方も。
ぜひご参加いただければと思います。
嶺北では、福井駅前ハピリン2FにあるWiLにて(いつもお世話になっている心地良い場所)
嶺南では、敦賀駅構内オルパーク2Fにて(これまたいつもお世話になっているホッとする場所)
詳細は⬇︎をご覧ください。

みなさんのご参加お待ちしています!

敦賀での開催はこちらです。
そして、こちらは福井市のご案内。
ご参加心よりお待ちしています。

美浜町”健康楽膳拠点施設 こるぱ ” さんにて『ほどほど養生』開催しました。

2019年1月17日 ­美浜町”健康楽膳拠点施設 こるぱ ” さんにて
「ほどほど養生 」を開催させて頂きました。

今回は、養生学の基本になる「気血水」を中心に体質を紐解き
日々に取り入れると身体が整いやすくなる食材や料理と運動をお伝えしました。

食材や料理は特別なメニューではなく
みなさんがお住いのスーパーやお店で買えるもの。
例えば「血」を補うことであれば、牛肉や人参。

運動も息が上がったり、身体が悲鳴をあげるほどではなく、生活リズムの中で出来るだけ取り入れられる内容。
例えば、椅子で姿勢を整える時に、耳-肩-腰のラインを意識する。
その姿勢での運動をいくつか…という内容です。

世の中にはたくさんの健康法がありますが、
盲目的に振り回され過ぎず、自分の体質や日本の四季と照らし合わせる。
そして、食べることや身体を動かすことに、ほどほどに工夫する。

あそこに行くと生活を整えるワンポイントを知ることができる。
そんな場所づくりをしていきたいなと考えています。

歳を取るのも悪くないと思える社会と
ふるさとづくりをテーマにしている
私たち養生デザインの思いを拾ってくださり、
開催を企画してくださった美浜町役場の方、
ご参加くださいました皆様に感謝です。

生活や体調の整えには、まずはご自身の身体の特徴をとらえる、気づきからを大切にしていただきたいと思います。
そして、毎日ほんの少しだけでも取り入れられることを養生デザインからご提案。
みなさまそれぞれの、ほどほど具合を見つけて頂けたらと思います。
日々の生活の中で「あ、これができなかった…」ではなく、少しでもたくさんの ○ をご自身に出していただけるような提案をお伝えしていきます。

そして、福井新聞様も今回のことを掲載してくださいました。
ありがとうございます!
養生デザインは日々の生活の健康づくりを伝える役割。
新聞は日々のことをマスに伝える役割。
お互いの役割の合わせ技。
記事を読んだ方が健康に興味や意識が深まってくださると嬉しいです。

2019年1月19日 福井新聞より

まちづくりの1歩。
まだまだこれからですが、描く未来に向けて。

「あっちとこっちをこんな感じでつなげると良いんでは?」と妄想も拡がり中です。
行政-民間-食-季節-体質-運動-観光-教育。
つながりが深まっていきそうな1月のスタートです。

京都でも開催します!”ほどほど養生-冬の土用”

小寒に入り、なんとなく空気感がさらにピリッとしてきました。
いよいよ寒さ本番、どうぞ身体を冷やさず 新しい年もお健やかにお過ごしくださいませ。

さて、ありがたいことに京都でも二度目の ”ほどほど養生”を開催させて頂けることになりました。
前回は、先日のNHKの情報番組”あさイチ”でも取り上げられていました”冷え”に関するご提案でした。
今回はそんな前回のおさらいもしながら、冬の土用 つまり季節の変わり目のケアをお伝えしていきます。

・・冬の土用とは?

立春の前の18日間を、冬の土用の期間と呼びます。
冬と春の季節の変わり目の土用の過ごし方がまた次の季節の体調を整えていく鍵となります。

そこで今回は、土用の時期に大切になる胃腸の整えのお話や
寒くてなかなかお布団から出られない。。そんな朝のお布団で目覚めるワークも取り入れていきます。
詳しくはこちら👇

開催日時:2019年1月19日(土)     
                   14:30-16:30
会  場:メディゲイト 京都店  
                   京都市中京区大宮御池上ル市之町170
参 加 費:3,000-(税込)養生茶付き
内  容:・体質チェック     
                   ・冬の振り返り     
                   ・冬の土用の養生     
                   ・脳のカラクリ-眼と肩こり      
                   ・美ラインワーク-起きにくい朝にできること
主催・講座:養生デザイン        
                    山中雄大(理学療法士・コミュニティデザイナー) 
         青木優加(漢方上級スタイリスト・養生薬膳アドバイザー)
お申込先 :075-200-9517(メディゲイト 近藤)
      またはmedgdait-kyoto@nike.eonet.ne.jp

皆様のご参加 心よりお待ちしています!!
LINE@ はじめました。二十四節気の養生ポイントやイベント情報をお送りします。
お友達登録はこちらから↓

友だち追加

”ほどほど養生-冬の土用”開催します!

お正月も三が日を過ぎまして、
今朝のNHKの情報番組”あさイチ”も今日からまた始まりましたね。
なんと 今日のテーマは”東洋医学で 1年を元気に!”
2019年、最初のテーマが東洋医学でなかなか嬉しいはじまりとなりました。

鍼治療や、ツボ、漢方、薬食同源、、と各セクションの紹介があり私も興味深く拝見。
ちなみに漢方 のコーナーでは先日の「ほどほど養生 冬」で取り入れていた内容と同じ”冷え” がテーマに挙げられていました。

季節のテーマを取り入れていくので、
当たり前といえば当たり前なのですが
今年も”ほどほど養生 ” では こんな風に季節ごとに気になる症状を
少しでもハードル低く養生していただくポイントをお届けできるようにとりいれて行きますね。

ちなみに番組内でもご紹介があった春の症状は2月くらいから出はじめる・・について、2月4日は立春。暦の上では春になります。この辺りも養生のポイントとなります。
春の花粉症が毎年お辛い方、少し早いなあと思うかもしれませんがこのくらいから春の養生を始めると良いですよ。

・・と、その前に。
立春の前の18日間は、冬の土用の期間。この冬と春の季節の変わり目の土用の過ごし方がまた次の季節の体調を整えていく鍵となります。
そこで2019年初!の「ほどほど養生」は 
「ほどほど養生 冬の土用」を ちょうど冬の土用入りする
1月17日に開催します。

会場は健康への空間づくりが工夫された体感ハウス、大幸ハウジングさん。
寒さも本番。なかなかお布団から出られない。。
そんな朝のお布団で目覚めるワークも取り入れていきます。

開催日時:2019年1月17日(木)     
                   18:30-20:30
会  場:有限会社 大幸ハウジング 体感ハウス     
                   敦賀市元町2-13(美容室プリド横)
参 加 費:2,500-(税込)養生茶+スイーツ付き
内  容:・体質チェック     
                   ・冬の振り返り     
                   ・冬の土用の養生     
                   ・脳のカラクリ-眼と肩こり      
                   ・美ラインワーク-起きにくい朝にできること
主催・講座:養生デザイン        
                    山中雄大(理学療法士・コミュニティデザイナー) 
      青木優加(漢方上級スタイリスト・養生薬膳アドバイザー)
お申込先 :090-2129-5204 (青木)または info@yojo-design.com      

皆様のご参加 心よりお待ちしています!!
LINE@からもお申し込みいただけます。

友だち追加