養生デザイン=からだの内側+からだの外側を合わせ技 
外側: 山中雄大 と 内側:青木優加が
それぞれの担当をお互いの得意技を組み合わせて
「10年先も健やかなカラダとココロを。」の実現を目指すユニットです。
ちなみに(改めて)、内側と外側には次のような意味合いを持って取り組んでいます。
内側 (うちがわ)とはからだの内側から整えること。
食べること、休むこと、内臓、臓器、心、精神、神経のこと。
漢方・養生薬膳や家庭科教育の知識を織り込みながら、取り組みやすい養生として日々に染み込ませる。
外側(そとがわ) とはからだが心地良く動くよう働きかけること。
脳、姿勢、筋肉、動線、プレゼンテーション 。
理学療法士としての知識や経験、また脳のカラクリや情報の魅せ方を組み込みながら、日々の中で身体が動いてしまうような仕組みをデザインする。
これらの要素を、個々やお店での衣食住、観光、まちづくりとそれぞれの得意な分野から(時にはメイン担当を混ぜながら)ご提案します。


https://y-design-hp.amebaownd.com/posts/3405674 
https://yuuka-aoki.amebaownd.com/posts/3402757