霜降。
23日から霜降。秋が深まり霜が降り始める頃となります。
朝晩急に冷え込んだり、寒く感じることが増えてきましたね。
みなさま風邪など引かれてないでしょうか?
引き続き肺の季節です。
空咳や喉の痛みから風邪を引かれる方が多いこの時期、喉の潤いケアなどでご自愛くださいませ。

そして、10月21日から秋の土用に入りました。
土用といえば、季節の変わり目で胃腸を大切にする時期でもあります。

この土用が明けると立冬。暦の上では冬を迎えます。
季節の変わり目に養生することで、また次の季節も元気に乗り切ることが出来ます。しっかり胃腸をいたわって、寒い冬(まだまだ考えたくない…)に備えていきましょう。

養生デザイン流のオススメ養生ポイントはこちらです。

この時期の養生ポイントです

よく噛んで食べる

土用と言えば、で毎回のポイントになるのがこちら。
普段みなさんは何回噛んで飲み込んでいますか?
養生デザインからのご提案は、今噛んでいる回数より1回多く噛む!
30回、80回、100回と言われることが多いですが
なかなか続けられないのが現実。
それならば、今の回数をまず意識して見ましょう。無理せず少しづつ増やすことで習慣化していきましょうね。
くれぐれも噛まずに飲み物で胃に流し込み、胃の負担を増やすことにはお気をつけくださいませ。

オススメの食べ物はさつまいも

オススメはさつまいも。
これもよく噛まないと水分を取られますし喉がつかえたりもしますよね…
焼き芋、ふかし芋でじっくりほっくり甘さを引き出したお芋にお塩や黒ごま、ごま塩など振っても美味しく食べられます。あったかいほうじ茶と一緒に。
甘いスイーツを選ぶなら、この時期は自然の甘さを取り入れて
ゆったりとリラックスして味わいながら秋を感じてみてくださいね。

お風呂でゆったり

朝晩の寒暖差が大きくなる時期。
秋の夜長、お風呂でゆったりと身体の芯を温めるのも良いですね。
浴槽に浸かるのは苦手…という方は、半身浴+かけ湯やシャワーでも良いです。
そして、お風呂でのオススメがもう1つ。
“足の指を念入りに触る”
ボディワークでもよく感じますが、足の指が動きにくい方が結構いらっしゃいます。
生活様式が裸足の頃から変わってきていることや、子ども達の生活の中でも裸足になること少なくなったなーと感じます。
足の指は人間が動く時に、地面をつかんだり蹴り出したり地形を感じるセンサーになったりと大事な役割をします。
色んなトレーニング法もありますが、まずは足の指の感覚を思い出してあげる様にたくさん触れていくと良いですよ。
寒くなるにつれ、手先足先の血流も悪くなりますのでポカポカさせるにも有効です。
眠りやすさにもつながります。

先にも書きましたが、次はいよいよ立冬。
この時期も健やかに、そして次の季節も楽しみに過ごして行けますように。。

さてさて、今週もイベントと講座続きます。
24日(木)は福井市 福井駅前施設ハピリン2階福井銀行WiLにて
27日(日)は美浜町 美浜町健康楽膳拠点施設こるぱにてお話します!

どちらもまだまだ、ご参加お申し込み受付しています。
みなさまのご参加、心よりお待ちしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です