まだまだ暑い日が続きそうですが、すっかり季節は「秋」ですね。
朝晩涼しくなり草や花に露がたまると言われ、秋が深まっていく時期です。

敦賀まつりが終わりみかた祭りを来週に控え、私たちの住む地域も一気に秋めいて来ています。

秋の養生も深まってきました

秋は肺に当たる季節。
清々しい空気を深く吐いて吸って自律神経を調えると気持ちも落ち着きます。
身体の隅々に取り入れた酸素を行き渡らせるイメージです。
そして、身体の内側からもしっかりと肺を潤して秋の乾いた風に負けませんように。

この時期の養生デザインオススメのポイントは次の3つです。

食べもので乾燥対策:蓮根がオススメ

暑い夏の間に汗をかいて奪われた体の潤い。
秋を実感する一つに”お肌の乾燥”もありませんか?
また、喉からの風邪を引きやすいのもこの時期の特徴の一つ。
秋は水分の摂り過ぎは気をつけたいところですが、食べ物でしっかり体の中に潤いを作り、お肌だけでなく体の中の粘膜を潤しておくことも意識してみてくださいね。
オススメは蓮根。
蓮根には次のような作用があります。
 ・熱を冷ます
 ・喉の渇きや痛みをおさえる
 ・咳や痰を鎮める
また、胃腸の働きを良くしてくれるので食欲不振にも一役買ってくれます。
食欲の秋と言われるけれど、なんだかあんまり食べる気がしないという方にもオススメです。
前回の里芋と一緒にご堪能くださいね。

呼吸を調える

肺に当たるこの時期は、呼吸のことを改めて意識すると秋の養生法の1つになります。
毎日行なっている呼吸ですが、1日に自分がどのくらい行なっているか知っていますか?
人によって差はありますが、実は約17,000〜28,000回。
ほぼ無意識で1日中行なっていると思います。
この呼吸を少し工夫すると、身体が疲れにくくもなります。
1日の中で10回だけでも意識することから始め、身体を調えていきましょう。
ポイントは、
 ・おへそを前に向ける
 ・みぞおちを少し引き上げる
 ・鼻から吸い込み、ゆっくり吐き出す 
…と、いくつかありますが鼻呼吸だけでも大切にしてみてください。

脳の働きにも身体の巡りにも酸素は必須。
たくさんの酸素を身体を巡らせると、それだけ働きやすくなります。
無意識で行なっている呼吸にも、この秋に少しでも気を向けてみてくださいね。

冷えへの意識を高める

日中は暑いですが、朝晩は急に冷え込む日も増えてきて寒いと感じることもある時期です。
夏の終わりくらいからずっとお話ししていますが、そろそろ冷たい飲み物はストップすることがオススメです。
熱いものを飲んで下さい!…とまでは言いませんが、温かいものを出来るだけ意識して取り入れてお腹や足首や手首は冷やさない工夫をしていきましょう!
意外と冷えているのが足の甲。
足の甲って普段触れますか?
触れてみて冷たいなと感じた時、自分の手のひらで包んであげたり、それぞれの足の指から足首を少しさすってみると身体がポカポカし始めます。
私はここが冷えていると身体のだるさを感じるので、なんかだるいなぁと思ったらお灸をしたりカッサなどのセルフケアを取り入れています。
足の甲を指や手でさすってみることも、冷えへの対策の1つにオススメですよ。

ご案内

前回の処暑と今回の白露でお伝えした秋の養生
より取り入れやすいポイントを加えて、セミナーでもお伝えします!

内容
 ・秋の養生ポイント
 ・秋の養生に必要な体質チェック
 ・体質別の過ごし方やオススメ食材
 ・身体を巡らせる気功

開催日と会場 *両会場とも同じ内容です(詳細は下記ご覧くださいませ)
 ・9月23日:福井県敦賀市
 ・9月29日:福井県福井市

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

また、自分たちの町でも開催出来ないか?
ご希望ありましたら、お気軽にご相談ください。
ほどほど養生は 出前セミナー も承ります!

ほどほど養生 -秋@敦賀市

ほどほど養生-秋@福井市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です