大暑。 もう言わずもがな・・ですが一年で最も暑い時期です。
20日から土用入りでこの時期胃腸を中心に体の調子も崩れやすくなっています。
梅雨明けして急に暑くなりましたね。 みなさまどうぞ無理しすぎず、少しでも身体の消耗少なくお過ごしくださいませ。
この時期の養生デザイン流養生ポイントはこちらです。

こまめに水分補給

十分な水分チャージが提唱されていますが、水分といっても水だけでは体に吸収されないというのは常識になりつつありますよね。
でもオススメされるスポーツドリンクも 糖分が多いのが気になるところ…
そして、体力も消耗しますのでついつい氷の入った冷たいものに手が伸びます。
…が、ここで気をつけたいのが冷たいものの採り過ぎ。
灼熱の屋外で身体が熱い時は、氷の入ったものや冷たい飲み物で急冷することが必須ですが、身体の熱が冷めて涼しい屋内で快適に過ごせる時は飲み物や食べ物の温度にも気をつけてくださいね。
注文する時に「氷なしで」や常温にしておくなどがオススメです。

オススメの食べものはトマト

この時期、冷たすぎる飲み物や食べ物でお腹を満たしてしまうと胃腸に疲れが出て夏バテに繋がってしまうこともあります。
特に胃がチャポチャポして、せっかくの食事が入らない…という話もよく聞きます。
薬膳的には、体液を補ってくれる食べ物で水分も身体全体の冷却システムも補っていくことをオススメします。
トマトはそんな救世主の代表格。
あまり冷たく冷やし過ぎず、美味しくお召し上がりください。

よく噛む

ほどほど養生でも毎回お伝えしますが、みなさまどのくらい噛んで食べますか?
”よく噛むこと”が大事なのはみなさんご存知のはず。
でも、自分が何回くらい噛んでいるのか意識したことは少ないかもしれません。
どうぞ、今日のお食事の時に一口めを何回噛んでから飲み込んでいるか数えてみてください。
漢方の世界では80回噛むことを奨めていますが、いきなり目標にすると続かないので ”今よりも1回増やして噛む” からスタートしてみましょう。
特にこの時期は麺類など喉ごしの良いもので食事を済ませがち。
どうぞ一口ひとくち味わって食べてみてください。
お米や野菜の甘味や味を感じられますよ。

お昼寝も上手に取り入れて

昼寝は、業務効率を高める効果があるとしてGoogleやNike、日本の一部企業などが取り入れています。
Power Nap(パワーナップ)と言われ、これは15-30分程の短時間の仮眠のことです。
そう言えば、子どもの時にもお昼寝の時間がありましたよね。
現代は、それだけ睡眠を取りにくくもなっているのかもしれません。
そして、パソコンやSNSの発展に伴いプライベートでも仕事でも眼にかかる負担が増えています。
休憩中や通勤中にスマホを見る姿が当たり前に見られます。
さらに、今の時期は猛烈な暑さに身体が晒されることもあり、疲労がどうしても溜まっていきます。
そんな時に、眼も身体も少し休ませてあげることはオススメです。
30分以上寝入ってしまうと、深い眠りに入ってしまい起きにくくなったり夜が眠れないといったこともありますので、15-30分間が良いですよ。
夏の邪気として、熱邪がイライラや目まいy疲れと身体に影響を与える時期です。
昼寝を積極的に生活に取り入れて、身体と脳を小休止させてあげて下さいね。

鬼の霍乱 に注意

”鬼の霍乱(おにのかくらん)”この言葉、聞いたことありますか?
普段とっても元気な人が珍しく体調をこわしたり、病気になったりすることという意味で、
ちょうどこの夏の時期に起こりやすいと言われています。
特に吐き気や下痢などの病気を指すこともあるそうで、自分は元気だから大丈夫!と思っている方でも
どうぞこの時期は慎重に身体をお大事になさってくださいね。
夏休み突入!で 毎日お弁当に悩まされるお母さんも多いことと思います。
私もその中の一人。
この暑さの中でのお弁当作りは、熱中症はもちろん食中毒も気になりますよね。
いつも元気なお子さまも急に発熱したり、夏は症状が急に現れるのも特徴の一つ。
暑さ対策はカラダだけでなく、取り入れられるお食事にも十分お気をつけいただいて
楽しい夏休みをおすごしくださいませ。

さてさて土用が空けると、次は立秋。
もう暦の上では秋を迎えます。
夏バテせず、また次の季節を楽しく迎えられますように…
最後までお読みくださりありがとうございます。

=====

8月は ”ほどほど養生” を無料で開催します!
まずは、8月1日敦賀にて開催。
ご参加まだまだ受付していますので、どうぞみなさまお越しくださいませ。
お目にかかれることを心より楽しみにしています。
https://bit.ly/2y46gOA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です