清明。清らかで明るい春の日を受けて花が咲き始め、日本中が春のいぶきに満ち始める頃です。
あぁ日本語って美しいなぁ・・と二十四節気の響きを聞くといつも思いますが、その中でも清明は好きな節気の一つです。

新元号も発表されましたね。
こちらの響きにも美しさや穏やかさ和やかさを感じつつキリッと新しい気持ちにもなる印象。
キリっとしつつ やわらかな美しい ことばだなぁと思いました。
古いものを大事に 大切に重んじながら 
それを新しいもの、新しい時代のもの に磨いていく。
養生デザインの軸でもある日本古来の伝統や 日本で培われた医学や養生法を 
新しい時代に 取り入れやすいように やわらかく。
ほどほど具合を追究、発信していこうという思いにも襟を正す気持ちでいます。

さて、そんな今日からの養生デザイン的養生ポイントはこちらです。
そろそろ春の土用入り。
年度始め、また平成の締めに忙しい毎日をお送りの方も少しでもゆっくりしてくださいね。



1.食べすぎた次の日は 少し食事を軽くする
2.呼吸を整えストレッチ
3.おすすめの食べ物は 菜の花 グレープフルーツ
4.手首・足首はまだ冷やさずに・・

1.食べすぎた次の日は 少し食事を軽くする

お祝い事や歓迎会、、などなどハレの席が多くなる時期です。
お祝い事は楽しく美味しく、お酒もグンとすすみますが・・・そろそろ土用入りも待っています。
ということは、またまた胃腸をさらに大事にする時期。
お祝いや飲み会など楽しいお席の前後の日々は、少ーしだけでも胃腸に優しい、消化の良いものや温かいもので
翌日に備えたり、身体を労っておくこともお忘れなく。
食べ過ぎたな、と思ったら、翌日は何を食べればいい?ではなく、むしろ食べないことに気をつけることで
内臓が休むことができ元気を回復できますよ。

2.呼吸を整えストレッチ

新しい年度がスタートして、環境や仕事が変わり心身ともに力が入る時期。気疲れや肩コリに出てきていませんか?
そんな時には(そうでない方は調えとして)呼吸を整えながらのストレッチが心身を緩めてくれます。
やり方は…

①鼻から吸う⇄吐く
②呼吸のリズムを整えながら手のひらを天に向けていく。まっすぐ引っ張られていくような意識。
 この時に大切なことは、呼吸をゆっくりと深くすること。息を止めてしまわないようにして下さいね。
むしろまずは呼吸に意識を向けるくらいが良いかと思います。

詳しくは、今月開催予定の「ほどほど養生」でもお伝えします。福井県外の方やもっと知りたい!と思われた方。お気軽にお問い合せ下さいませ。

3.おすすめの食べ物は 菜の花 グレープフルーツ

苦い食べ物は、こもった熱を冷ましてくれる役割を持っています。
その中でも今回のオススメは、菜の花とグレープフルーツ。
菜の花は目の充血や、めまいやのぼせ、イライラに良いです。また滞っているものを発散させる役割も持っているので
炎症を抑えたり、吹き出物や肌のトラブルを抑える働きも。
またその鮮やかな花の黄色からは見るだけでも元気をもらえますね。
また、グレープフルーツは二日酔いにもオススメです。
解毒機能があり、その爽やかな香りからイライラを発散させてくれたり
気を巡らせてくれることから、食べ過ぎや胃が重く感じるときなどにも
不快感を抑えてくれますよ。

4.手首・足首はまだ冷やさずに・・

4月の初めは本当に寒の戻りが厳しく寒かったですが、ようやく春の心地よさを感じられるようになりました。
ただし、まだまだ朝晩は冷え込みが強かったり風は冷たかったりします。
なのでまだまだカラダを冷やさない、そしてあたためる工夫をお忘れなく。
春は特に気温の差が 自律神経の乱れを招きなんとなくだるい症状が出やすくなります。
まだ急に薄着にはならずに、手首足首冷やさずにお過ごしくださいませ。
特にお花見の時。山の上や野外は、まだまだ夜は寒い時が多いです。 
桜の下でビールで乾杯!は格別ですが、翌日に冷えを残さない工夫を。  
お白湯でビールの冷えをリセットするのもオススメですよ。

ご家族の入学や入社、転勤、引っ越し、、、そしてお子さんの春休み。
なんでも引越しの業者さんが忙しくて、なかなか引っ越せない方もいらっしゃるとか。
ご自身のことでなくても心配事や緊張、準備にまつわるあれこれ、、でストレスや疲労から胃腸のトラブルを招きやすい時期でもあります。 春は肝の季節で、肝の養生を、、、とお伝えしていますが、清明の後半は土用にもかかります。 
土用は脾の季節。胃腸の養生も同時に始めてくださいね。


ほどほど養生、次回はそんな胃の養生のお話を!
しかも今回の敦賀開場は老舗の昆布屋さんとのコラボ企画。昆布にまつわるあれこれをお聞きできるので
私たちも今から楽しみです。
福井の会場でも昆布のお話や昆布をお持ちしますので、どうぞお楽しみに。

お申し込み、まだまだ受付中です。
皆様のご参加心よりお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です