霜降。 おはようございます。養生デザインです。
今日から霜降。秋が深まり霜が降り始める頃となります。
朝晩急に冷え込んだり、寒く感じることが増えてきましたね。
みなさま風邪など引かれてないでしょうか?
引き続き肺の季節です。
空咳や喉の痛みから風邪を引かれる方が多いこの時期、喉の潤いケアなどでご自愛くださいませ。

さて、少し前の10月20日秋の土用に入りました。

先日開催しました ”ほどほど養生-秋の土用-“ でも お伝えしましたが
季節の変わり目で胃腸を大切にする時期でもあります。

この土用が明けると立冬。暦の上では冬を迎えます。
季節の変わり目に養生することで、また次の季節も元気に乗り切ることが出来ます。しっかり胃腸をいたわって、まだまだ考えたくないですが寒い冬に備えていきましょう。

そんなこの時期の養生デザイン的、オススメ養生ポイントはこちら。

土用なので、やっぱり胃腸の為にもよく噛んで食べることは必須です。
噛まずに飲み物で胃に流し込んで胃の負担を増やすことには気をつけてくださいね。

オススメはさつまいも、なのですが 
これもよく噛まないと水分を取られますし
喉がつかえたりもしますよね・・。

焼き芋、ふかし芋でじっくりほっくり甘さを引き出したお芋に
あったかいほうじ茶と一緒に。
ゆったりとリラックスして味わいながら秋も感じていただけたらと思います。

また、朝晩の寒暖差の出てくる時期にもなります。
毛布を枕元などに、特に首元や肩を温めてゆっくり眠る時間を大事にしてください。

急に寒くなると肩こりが辛くなる方もいらっしゃいます。
秋の夜長、お風呂でゆったりも良いですね。
こちらも肩を冷やさないよう気をつけながら、ゆったりと温まるのがオススメです。

そして この時期少し気をつけていただきたいことも一つ。
それは温めると言えばの代名詞の、ねぎ、生姜、そして唐辛子などですが
これらは発散する作用も持っていて、この時期に必要な潤いを飛ばしてしまうこともあるのです。
なので、特に便秘がちだったり 乾燥が気になるかたは
少し控えめになさってくださいませ。

先にも書きましたが、次はいよいよ立冬。
この時期も健やかに、そして次の季節も楽しみに過ごして行けますように。。

さて、養生デザインではイベントやワークショップが続きます。
まず今週末はいよいよ”aluku”  この日はosanposand,けひさんアートマルシェ、commons food market とたくさんのイベントで賑わいます。
ぜひ、このalukuにもご参加いただいて、駅から神楽まで楽しく歩いていただけたらと思っています。

そして、その翌日は”おすし養生” こちらは与三郎寿司さんとのコラボ企画です。
美味しいお寿司を食べていただきながら、
秋の養生とお寿司と養生の美味しい関係もお話していきます。
普段手軽に行かれる回転寿司でも、実践していただける内容となっていますので
どうぞお楽しみに。



どちらもまだまだ、ご参加お申し込み受付しています。
みなさまのご参加、心よりお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です